HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

2020年11月7日実施 世論調査結果(自由記入項目)

米大統領選に関するご意見の自由記述回答まとめ

 社会調査研究センターと毎日新聞が11月7日に実施した全国世論調査では、携帯ショートメール調査の回答者726人を対象に「アメリカの大統領選について、あなたのご意見を自由にお書きください」と尋ねた。   
 何らかの回答を書き込んだのは517人。調査時はバイデン前副大統領の優勢が伝えられながらもトランプ大統領が選挙の不正を訴えて敗北を認めず、その後の混乱が予想される状況下にあった。  
 調査結果では、民主主義国のリーダーとして振る舞ってきた米国の混乱を批判的に論じた回答が目立ったほか、米大統領選の選挙制度のわかりにくさや複雑さを指摘する回答も多くみられた。  
 驚かされたのは、大統領選に不正があったと疑っている人が少なくなかったことだ。トランプ大統領への支持を明言する回答が多数を占めたわけではないが、不正投票に言及した人の多くはトランプ氏にシンパシーを感じているものとみられる。  
 併せて、メディアの「偏向報道」に対する批判も目についた。そのほとんどが「親トランプ」の立場からのもので、「バイデン候補に肩入れしすぎている」などの批判が米国メディアだけでなく日本のメディアにも向けられた。
 トランプ氏による「不正投票」「フェイクニュース」などの訴えが日本においても一定の理解を得ているようだ。「バイデン氏は新中国」と決めつける回答も少なからずあり、根拠の不確かな情報がインターネットなどを通じて浸透していることをうかがわせた。  
 寄せられた多様なご意見を便宜的に<①親トランプ><②反トランプ><③民主主義・選挙制度論><④その他>に分類し、回答者の承諾を得たものについて全文を紹介する。    
 誤字・脱字も原文のままとした。個人の特定につながる情報が含まれると判断した場合、または公序良俗に著しく反したり、明らかな事実誤認、誹謗中傷、フェイクニュースを流布したりする恐れがあると判断した場合は掲載を見送った。政府や政党・政治家、メディアに対する批判はそのまま掲載した。    
 調査は、社会調査研究センターと毎日新聞が11月7日、18歳以上を対象に携帯電話のショートメール機能を使う方法を主体として実施した。コンピューターで無作為に数字を組み合わせた携帯電話と固定電話の番号に自動音声応答(オートコール)で電話するRDS法で対象者を抽出。携帯電話の場合は、調査を承諾した人にショートメールで回答画面へのリンク情報を送付。固定電話の場合は、自動音声の質問にプッシュ番号で回答してもらった。目標サンプル数を携帯700件・固定300件に設定し、携帯726件・固定314件の有効回答を得た。

調査結果こちら

2020年11月24日 09:00

社会調査研究センターの新ミックス・モード調査 (3)~ 菅政権への評価

株式会社社会調査研究センターがこれまで実施した「新ミックス・モード調査」の結果をもとに、菅内閣の支持率▽内閣支持率の比較▽自民党の支持率▽学術会議問題について、といったトピックについて、弊社社長が解説します。

 

「新ミックス・モード調査」に関する論文はこちら

↓↓↓新ミックス・モード調査について、弊社社長による解説動画↓↓↓


 
2020年11月20日 09:00

2020年11月7日実施 全国世論調査の分析と結果

2020.11.07

11月7日実施 全国世論調査の分析と結果

2020.11.7調査_1
2020.11.7調査_2
2020.11.7調査_3


 

「米大統領選に関する自由記述回答」についてはこちら

11月7日全国世論調査の結果は以下の通りです。

2020.11.7世論調査①
2020.11.7世論調査②
2020.11.7世論調査③
2020.11.7世論調査④
2020.11.7世論調査⑤
 

「毎日新聞提供」
 

2020年11月09日 09:00

2020年10月25日実施 共同調査の紹介

社会調査研究センターは10月25日に投票された富山県知事選において、富山テレビ放送株式会社が実施した出口調査の設計・集計・分析を支援しました。調査は富山県内36カ所の投票所出口で投票を終えた有権者に投票先などを質問し、1800人から有効回答を得ました。

調査結果は2020年10月25日(日)夜の富山テレビ(BBT)で放送されました。
2020年10月28日 09:00

2020年10月10日実施 共同調査の紹介

社会調査研究センターは10月10日、富山テレビ放送株式会社と共同で、富山県知事選(10月25日投票)に関する情勢調査を実施しました。調査の結果は10月12日に放送されました。調査はコンピューターで無作為に数字を組み合わせた固定電話の番号に電話をかけるRDD法で対象者を抽出し、自動音声応答(オートコール)で1041人から有効回答を得ました。

2020年10月12日放送の富山テレビ「ライブBBT」で紹介された調査結果
2020年10月13日 09:00

2020年9月1日~3日 テレビ埼玉「ニュース545」の特集

20年8月22日(土)に埼玉県民意識調査を実施しました。調査の結果はテレビ埼玉「ニュース545」で3日間にわたり放送されました。  動画はこちらからご覧いただけます。

1235710
1312
2020年09月24日 09:00

2020年9月17日実施 全国世論調査の分析と結果

2020.09.23

9月17日実施 全国世論調査の分析と結果

2020.9.8.17調査_1
2020.9.8.17調査_2
2020.9.8.17調査_3
2020.9.8.17調査_4



 

「菅義偉内閣に対するご意見の自由記述回答」についてはこちら
 

9月17日全国世論調査の結果は以下の通りです。

2020.9.17世論調査①
2020.9.17世論調査②
2020.9.17世論調査③
2020.9.17世論調査④
2020.9.17世論調査⑤
 




 

「毎日新聞提供」
 

2020年09月23日 09:00

2020年9月17日実施 世論調査結果(自由記入項目)

菅義偉内閣に対するご意見の自由記述回答まとめ

 社会調査研究センターと毎日新聞、JNNが菅義偉内閣の発足を受けて9月17日に実施した緊急の全国世論調査では、携帯ショートメール調査の回答者711人を対象に「菅義偉内閣に対するあなたのご意見を自由にお書きください」との問いを設けた。  
 何らかの回答を書き込んだのは523人。そのうち、新型コロナウイルス対策や格差解消などの政策要望が4割ほどを占め、「国民のための政治を」など首相の政治姿勢に関する要望を加えると、書き込みの7割近くが新首相と新内閣に対する要望だった。  
 安倍晋三前首相の辞任表明とその後任を選ぶ自民党総裁選について自由に意見を書いてもらった9月8日の世論調査では「親安倍」と「反安倍」の民意の分断が回答にくっきりと表れた(https://ssrc.jp/blog_articles/20200908free.html)。今回の調査では、菅内閣の誕生によって分断が和らぎ、親安倍・反安倍に分かれていた双方に新政権への期待感がうかがわれる。  
 菅内閣発足直後の支持率が64%という高水準を記録した背景には、前政権の良いところを引き継ぎつつ、長期政権のおごりやよどみ、コロナ対策や経済・社会政策の停滞感を何とかしてほしいとの思いが感じられた。その中で「中国・韓国に毅然とした対応を」と強い外交姿勢を求める意見が目立ったことをどうみるか。  
 内政・外交ともに菅政権への期待が大きいことは間違いない。特段の要望なしに応援の言葉を送る書き込みや、安倍政権の延長線上に位置付けての批判、女性・若手の登用が少なかったことへの批判も目についた。  
 寄せられた多様なご意見を便宜的に<①政策要望><②政治姿勢要望><③応援><④批判・その他>に分類し、回答者の承諾を得たものについて全文を紹介する。    
 誤字・脱字も原文のままとした。個人の特定につながる情報が含まれると判断した場合、または公序良俗に著しく反したり、明らかな事実誤認、誹謗中傷、フェイクニュースを流布したりする恐れがあると判断した場合は掲載を見送った。政府や政党、政治家、メディアに対する批判はそのまま掲載した。  
 調査は、社会調査研究センターと毎日新聞、JNNが9月17日、18歳以上を対象に携帯電話のショートメール機能を使う方法を主体として調査した。コンピューターで無作為に数字を組み合わせた携帯電話と固定電話の番号に自動音声応答(オートコール)で電話するRDS法で対象者を抽出。携帯電話の場合は、調査を承諾した人にショートメールで回答画面へのリンク情報を送付。固定電話の場合は、自動音声の質問にプッシュ番号で回答してもらった。目標サンプル数を携帯700件・固定300件に設定し、携帯711件・固定314件の有効回答を得た。

調査結果こちら

2020年09月17日 09:00

2020年9月8日実施 全国世論調査の結果

2020.09.11

9月8日実施 全国世論調査の結果


携帯電話のショートメール機能を使う方式と、 固定電話で自動音声の質問に答えてもらう
方式を組み合わせた「ノン・スポークン調査」を実施しました。


■調査概要 実施日:2020年9月8日(火)/調査地域:全国 /サンプル数:1,031件(携帯電話:730件、固定電話:301件)
   調査方法:携帯RDD SMS /固定RDD 調査

 

「安倍首相の辞任表明と自民党総裁選に関する自由記述回答」についてはこちら



9月8日全国世論調査の結果は以下の通りです。

2020.9.8世論調査①

2020.9.8世論調査②

2020.9.8世論調査③

2020.9.8世論調査④

2020.9.8世論調査⑤


 

「毎日新聞提供」
 

2020年09月11日 09:00

2020年9月8日実施 世論調査結果(自由記入項目)

安倍首相の辞任表明と自民党総裁選に関する自由記述回答のまとめ

 社会調査研究センターと毎日新聞が9月8日に実施した全国世論調査では、携帯ショートメール調査の回答者730人を対象に「安倍晋三首相の辞任表明と自民党総裁選について、あなたのご意見を自由にお書きください」との問いを設けた。  
 何らかの回答を書き込んだのは452人。首相の功績を称えて辞任を惜しむ意見が並んだ一方で、政権不祥事の解明に背を向けたまま退く無責任さをなじる意見も多数あり、長期政権のもとで生まれた「親安倍」と「反安倍」の民意の分断がくっきりと表れた。  
 総裁選に対しては党員投票の実施を求める意見が目立ち、首相を国民が直接選ぶ首相公選制の主張も散見された。  
 寄せられた多様な意見を便宜的に<①親安倍><②反安倍><③その他>に分類し、回答者の承諾を得たものについて全文を紹介する。  
 誤字・脱字も原文のままとした。個人の特定につながる情報が含まれると判断した場合、または公序良俗に著しく反したり、明らかな事実誤認、誹謗中傷、フェイクニュースを流布したりする恐れがあると判断した場合は掲載を見送った。政府や政党、政治家、メディアに対する批判はそのまま掲載した。

調査結果こちら

2020年09月11日 09:00