HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

2021年6月12日実施 静岡県知事選情勢調査

2021.6.12

6月12日実施 静岡県知事選情勢調査


 現職・川勝氏リード 自民推薦・岩井氏が追う  
 静岡県知事選の投票が8日後に迫った12日、社会調査研究センターは同県の有権者を対象にインターネット調査を行い、情勢を探った。4選を目指す現職の川勝平太氏(72)がリードし、自民党推薦の新人、岩井茂樹氏(53)が追う展開。回答者の3割弱が「まだ決めていない」と答えており、情勢は変わる可能性がある。 
 調査は、NTTドコモの携帯電話ユーザーを中心とするプレミアパネル(dポイントクラブ)の同県在住者から対象者を無作為に抽出してメールで協力を依頼し、2500人から有効回答を得た。 
 調査では3期12年の川勝県政を「評価する」との回答が57%を占め、川勝氏に対する支持の底堅さを示した。「評価しない」は29%だった。川勝氏は、支援を受ける立憲民主党、共産党、国民民主党支持層の7割以上に浸透。自民、公明支持層の4人に1人からも支持され、優位に選挙戦を進めている。 
 岩井氏は参院議員を2期目の途中で辞職しての出馬となったが、自民党支持層からの支持が約5割、自主投票となった公明党支持層からの支持も約4割にとどまる。無党派層でも川勝氏に引き離されている。 
 知事選の争点として最も重視する政策を尋ねたところ、「リニア中央新幹線問題」との回答が32%でトップ。「新型コロナウイルス対策」21%、「景気対策」19%、「社会保障・福祉」12%と続いた。 
JR東海が2027年の開業を目指すリニア中央新幹線をめぐり、川勝知事は水資源など環境への影響を理由に静岡工区の着工を認めていない。調査では着工への「反対」が34%で、「賛成」の30%をわずかに上回り、「わからない」が31%だった。着工に反対する層では7割近くが川勝氏、賛成する層では6割近くが岩井氏を支持している。 
衆院小選挙区別でみると、静岡1区と5区で拮抗しているほかは川勝氏が岩井氏をリードしている。 
 投票に「必ず行く」との回答は52%で、「たぶん行く」の28%、「もう投票した」の9%と合わせると約9割。「行かない」は9%だった。 
 この調査における菅内閣の支持率は29%、不支持率は53%。内閣支持層の5割弱が岩井氏、不支持層の5割が川勝氏を支持している。  


 
文責 平田崇浩(社会調査研究センター調査研究部長)
 


 

2021年06月12日 16:00

社会調査研究センターの新ミックス・モード調査 (6)~ 定例世論調査結果解説と新方式調査の紹介

株式会社社会調査研究センターがこれまで実施した「新ミックス・モード調査」の結果をもとに、菅内閣の支持率▽内閣支持率の比較▽自民党の支持率▽学術会議問題について、といったトピックについて、弊社社長が解説します。

 

「新ミックス・モード調査」に関する論文はこちら

↓↓↓新ミックス・モード調査について、弊社社長による解説動画↓↓↓


 
2021年05月28日 09:00

2021年5月22日実施 全国世論調査の分析と結果

2021.5.24

5月22日実施 全国世論調査の分析と結果

21.5.22調査_1
21.5.22調査_2
21.5.22調査_3
21.5.22調査_4


 

5月22日全国世論調査の結果は以下の通りです。

2021.5.22世論調査①
2021.5.22世論調査②
2021.5.22世論調査③
2021.5.22世論調査④
 

 

「毎日新聞提供」
 

2021年05月24日 09:00

2021年5月15日実施 さいたま市長選情勢調査

2021.5.18

5月15日実施 さいたま市長選情勢調査


 現職・清水氏が大きくリード 共産系・前島氏が追う  
 さいたま市長選の投票日を8日後に控えた5月15日、社会調査研究センターはテレビ埼玉と共同でインターネット調査を実施し、情勢を探った。4選を目指す現職の清水勇人氏が無所属新人で元小学校教諭の前島英男氏を大きく突き放し、優位に選挙戦を進めている。調査では回答者の4割強が「まだ決めていない」と答えており、情勢が変わる可能性もある。  
 調査は、NTTドコモの携帯電話ユーザーを中心とするプレミアパネル(dポイントクラブ)のさいたま市在住者から対象者を無作為に抽出し、2500人から有効回答を得た。  
 3期12年の清水市政について「ある程度評価する」との回答が59%を占め、「大いに評価する」の5%と合わせて前向きな評価が6割を超えた。新型コロナウイルスの感染拡大が長引く中、さいたま市のコロナ対策については「評価する」40%(「大いに」2%+「ある程度」38%)・「評価しない」50%(「あまり」40%+「まったく」10%)と割れたが、総じて手堅い市政運営を評価する声が清水氏への支持につながっているようだ。  
 さいたま市は2031年をめどに市役所本庁舎を「さいたま新都心」に移転する計画を今年2月に発表した。調査で最も関心のある争点として「市庁舎の移転・整備」を挙げた人は4%にとどまり、「ワクチン接種」19%、「教育・子育て支援」16%、「病床確保・医療体制の強化」15%などを下回った。前島氏は移転計画の「凍結」を主張しているが、この問題が主要な争点になっているとは言い難い。  
 支持政党別でみると、清水氏は事実上の支援を受ける自民、立憲民主、公明党などの支持層に幅広く浸透。前島氏は共産党支持層の過半数を固めたほかは広がりを欠く。無党派層では「まだ決めていない」「答えたくない」の合計が7割近くに達し、選挙への関心の低さもうかがわれる。投票に「必ず行く」42%、「たぶん行く」39%、「もう投票した」2%を合わせて8割を超えてはいるが、関心の低さから低投票率が懸念されている。 


 
文責 平田崇浩(社会調査研究センター調査研究部長)
 
5月17日テレビ埼玉放送


 

2021年05月18日 09:00

2021年4月の4選挙で実施 ドコモメール調査

 社会調査研究センターは4月に行われた衆参3選挙(25日投票)と福岡県知事選(11日投票)で「ドコモメール方式」の投票行動調査(新出口調査)を実施した。  
 ドコモメール方式とは、NTTドコモの携帯電話ユーザーを中心とする「プレミアパネル」(dポイントクラブ)から対象者を無作為に抽出し、NTTドコモのキャリアメール「メッセージR」で回答を依頼するインターネット調査の一種。調査への協力を承諾した回答者は、スマートフォンのブラウザ画面で質問に答える。NTTドコモと毎日新聞社、社会調査研究センターが協力して開発した新たな調査方式だ。  
 プレミアパネルでは、NTTドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」の会員を対象にインターネットを通じてアンケートができる。会員はNTTドコモの携帯ユーザー以外にも広がり、全国5000万人を超える巨大パネルとなっている。社会調査研究センターとしては、日本の有権者の2人に1人をカバーする母集団を対象に無作為抽出調査ができることから、国民の縮図を探る世論調査に近似した調査が可能と考えている。  
 従来の電話調査は、コンピューターが無作為に組み合わせた番号に電話をかけるRDD法(毎日新聞の用語ではRDS法)によって国民全体を概ねカバーした調査ができると考えられてきた。しかし、近年、固定電話調査については保有率・回答率の低下、携帯電話調査についてはそもそも回答率が低いことに加えて企業保有の回線が増えたことが調査精度への信頼性を低下させている。  
 プレミアパネルは、スマートフォンに紐づいたdポイントサービスを受ける個人で構成されている。ある個人が複数のスマホを持っていたとしても、複数のdポイント番号で会員登録をしていることは想定しにくい。調査対象者が保有している電話回線数を気にすることなく、シンプルに無作為抽出ができる。何よりも、携帯RDD調査では難しい、地域を限定した無作為抽出調査ができるメリットは大きい。  
 ドコモメール調査においても、メール配信件数に対する回答率は数パーセント未満にとどまる。一方、配信から2時間程度で集計・分析に十分なサンプル数が取得できるため、投票当日の夕方にメールを配信し、投票に行った人に「誰に投票しましたか」と尋ねる調査が可能だ。  
 報道各社が多くの投票所の出口に調査員を配置し、投票を済ませた有権者に投票先を聞く「出口調査」を実施する目的は「①開票が進む前に当落を速報する」「②男女別・年代別・支持政党別などの投票行動を分析する」の二つ。しかし、期日前投票も含めて十分なサンプルを得るには相当の労力とコストがかかる。ドコモメール方式であれば、投票当日と期日前の別なく短時間で調査できる。新型コロナウイルスの感染拡大リスクを伴う対面調査を避けることもできる。社会調査研究センターはこれを「投票行動調査」(新出口調査)と名付けた。  
 4月の調査では、従来の出口調査に劣らないデータが得られた。詳細は以下の通り。


【衆院北海道2区補選】  
 HBC北海道放送、毎日新聞と共同で投票行動調査を実施し、1769人が投票先を答えた。収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農相(自民党を離党)の辞職に伴う補選で、自民党は候補擁立を見送り不戦敗。当選した松木謙公氏(立憲民主党)のほか5人が立候補し、開票結果における各候補の得票率と調査結果がほぼ一致した。

【参院長野選挙区補選】  
 NBS長野放送、毎日新聞と共同で投票行動調査を実施し、1788人が投票先を答えた。立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相が新型コロナウイルス感染症で死去したことに伴う補選で、立憲新人の羽田次郎氏(雄一郎氏の実弟)が自民新人との事実上の一騎討ちを制した。その開票結果は調査結果とほぼ一致した。  
 4月17日にはNBS長野放送と共同でドコモメール方式の情勢調査も実施し、2500人から有効回答を得た。調査結果は開票結果とほぼ一致した。  
 NBS長野放送から4月20日と25日のニュース映像をご提供いただきました。

4月20日 NBS長野放送


4月25日 NBS長野放送(1)

4月25日 NBS長野放送(2)
 
【参院広島選挙区再選挙】  
 毎日新聞と共同で投票行動調査を実施し、1854人が投票先を答えた。公職選挙法違反で有罪が確定した河井案里元参院議員(自民党を離党)の当選無効に伴う再選挙で、立憲民主党などが推薦した宮口治子氏が自民新人との事実上の一騎討ちを制した。調査結果は開票結果より宮口氏の優勢度合いが強めに出た。大規模買収事件があっても「後ろめたさ」を感じながら自民新人に投票した保守層の声を捕捉し切れなかった可能性が考えられ、今後、同様のケースの選挙に向けて分析手法の改善が課題となる。

【福岡県知事選】  
 RKB毎日放送、毎日新聞と共同で投票行動調査を実施し、1924人が投票先を答えた。前知事の辞職に伴う選挙で、元副知事の服部誠太郎氏が共産党系新人を大差で破った。開票結果における得票率は81%対19%。調査結果はこれより若干、差が開いたが、共産党を除くオール与党候補と共産党系候補の対決構図になった場合、オール与党候補に強めに出る傾向は従来の出口調査や情勢調査と同様と言える。  
 RKB毎日放送から4月26日のニュース画像をご提供いただきました。

4月26日 RKB毎日放送

福岡県知事選



 
2021年05月10日 09:00

2021年4月11日実施 富山市長選情勢調査

 社会調査研究センターは富山市長選が告示された4月11日、BBT富山テレビ放送と共同で富山市内の有権者を対象に電話世論調査を実施しました。元富山県議の藤井裕久氏がリードし、元衆院議員の吉田豊史氏が追っている情勢はBBT富山テレビ放送で報じられました。富山市長選は4月18日に投票され、調査時の差が縮まらないまま藤井氏が初当選を果たしました。
 調査はコンピューターで無作為に数字を組み合わせた固定電話の番号に電話をかけるRDD法で対象者を抽出し、自動音声応答(オートコール)で985人から有効回答を得ました。


調査結果は、富山テレビ放送『ライブBBT』で放送されました。

4月12日富山テレビ放送『ライブBBT』

4月13日富山テレビ放送『ライブBBT』
2021年04月19日 09:00

2021年4月18日実施 全国世論調査の分析と結果

2021.4.19

4月18日実施 全国世論調査の分析と結果

21.4.18調査_1
21.4.18調査_2
21.4.18調査_3
 

4月18日全国世論調査の結果は以下の通りです。  

4月調査質問と回答_1 4月調査質問と回答_2











 



 

「毎日新聞提供」
 

2021年04月19日 09:00

2021年4月17日実施 参院長野補選情勢調査

2021.4.17

4月17日実施 参院長野補選情勢調査


 立憲・羽田氏が優勢 自民・小松氏が追う展開
 衆参3選挙の投票日が8日後に迫った4月17日、社会調査研究センターは参院長野選挙区補選の有権者を対象にインターネット調査を行い、選挙情勢を探った。立憲民主党新人の羽田次郎氏(51)=共産党、国民民主党、社民党推薦=が優勢で、自民党新人の小松裕氏(59)=公明党推薦=が追う展開。回答者の3割近くが「まだ決めていない」としており、情勢は変わる可能性がある。
 調査は社会調査研究センターがNBS長野放送と共同で実施した。NTTドコモの携帯ユーザーを中心とするプレミアパネル(dポイントクラブ)の長野県在住者から対象者を無作為に抽出し、メールで調査への協力を依頼。2500人から有効回答を得た。


◇長野1区では拮抗、2〜5区は羽田氏リード  
  立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相が新型コロナウイルス感染症のため急逝したことに伴う補選。兄の遺志を継ごうと立候補した羽田氏は立憲民主支持層の9割を固め、共産、国民民主、社民支持層にも浸透している。対する小松氏は自民、公明支持層の7割を固める一方、無党派層では羽田氏に後れをとっている。
 回答者の居住地域を衆院小選挙区に分けてみると、長野1区で両氏が拮抗(きっこう)しているほかは、2〜5区で羽田氏がリード。NHK受信料を支払わない方法を教える党新人の神谷幸太郎氏(44)は厳しい戦いとなっている。


◇与党3敗の可能性  
 調査では、政府の新型コロナ対策を「評価する」「ある程度、評価する」を合わせても34%にとどまり、「評価しない」「あまり評価しない」の61%を大きく下回った。政府のコロナ対策に不満を持つ層の多くが羽田氏を支持する傾向がうかがわれる。
 投票に「必ず行く」47%・「たぶん行く」28%と「もう投票した」10%を合わせると85%。「行かない」は9%だった。
 4月25日に投票される衆参3選挙のうち、衆院北海道2区補選で自民党は候補の擁立を見送り不戦敗。参院広島選挙区再選挙は、社会調査研究センターが4月10日に実施した情勢調査で野党系候補が自民候補をリード。参院長野と合わせて与党3敗の可能性が出ている。



 
文責 平田崇浩(社会調査研究センター調査研究部長)
 


 

2021年04月17日 20:00

2021年4月10日実施 参院広島再選挙情勢調査

2021.4.12

4月10日実施 参院広島再選挙情勢調査


 野党系・宮口氏リード 自民・西田氏が追う展開  
 参院広島選挙区再選挙が8日に告示されたのを受け、社会調査研究センターは10日、広島県内の有権者を対象に電話世論調査を実施して情勢を探った。諸派新人の宮口治子氏(45)=立憲民主党、国民民主党、社民党推薦=がリードし、自民党新人の西田英範氏(39)=公明党推薦=が追う展開となっている。回答者の3割が「まだ決めていない」としており、投票日の25日までに情勢が変わる可能性がある。
 調査は10日、コンピューターで無作為に数字を組み合わせた固定電話の番号に電話をかけるRDS法で対象者を抽出。自動音声応答(オートコール)で質問し、1066人から有効回答を得た。


◇河井夫妻の事件「重視する」66%  
  2019年の前回参院選を舞台にした大規模買収事件で公職選挙法違反の有罪が確定した河井案里元参院議員の当選無効に伴う再選挙。案里氏の夫克行元法相(衆院議員を辞職)も起訴されたこの事件を投票判断の材料として重視するかを調査で尋ねたところ、「重視する」との回答が66%を占め、「重視しない」の19%、「どちらとも言えない」の14%を大きく上回った。
 前回参院選で河井案里元参院議員に投票したと答えた層でも西田氏への支持は5割にとどまり、2割近くが宮口氏に流れている。事件への県民の反発が西田氏への逆風になっていることがうかがわれる。


◇無党派層への浸透がカギ  
 調査結果を支持政党別にみると、宮口氏は立憲民主党支持層の8割以上に浸透し、支援を受ける共産党支持層の5割程度を固めた。それに対し西田氏は自民党支持層で6割弱、公明党支持層では4割強にとどまり、与党支持層を固め切れていない。無党派層でも宮口氏が西田氏をリードしているものの、5割が「まだ決めていない」と答えており、無党派層への浸透が勝敗を左右しそうだ。
 調査では、今回の選挙で最も重視する政策を七つの選択肢の中から一つだけ選んでもらい、「社会保障・福祉」28%・「新型コロナウイルス対策」27%・「景気対策」22%などと回答が割れた。コロナ対策を重視する層では両氏への支持が拮抗(きっこう)し、社会保障・福祉を重視する層は宮口氏、景気対策を重視する層は西田氏を支持する傾向がみられた。
 投票に「必ず行く」との回答は67%で、「たぶん行く」の21%と合わせて9割近くが「行く」と答えた。「行かない」は7%、「わからない」が5%だった。
 参院広島再選挙には両氏のほか、無所属新人の佐藤周一氏(45)▽無所属新人の大山宏氏(72)▽無所属新人の玉田憲勲氏(63)▽NHK受信料を支払わない方法を教える党新人の山本貴平氏(46)が立候補している。



 
文責 平田崇浩(社会調査研究センター調査研究部長)
 


 

2021年04月12日 09:00

社会調査研究センターの新ミックス・モード調査 (5)~ 内閣支持率下げ止まるも、コロナ対策に厳しい評価

株式会社社会調査研究センターがこれまで実施した「新ミックス・モード調査」の結果をもとに、菅内閣の支持率▽内閣支持率の比較▽自民党の支持率▽学術会議問題について、といったトピックについて、弊社社長が解説します。

 

「新ミックス・モード調査」に関する論文はこちら

↓↓↓新ミックス・モード調査について、弊社社長による解説動画↓↓↓


 
2021年03月30日 09:00