2022年3月19日実施 世論調査結果(自由記入項目)

 3月19日に社会調査研究センターと毎日新聞社が実施した全国世論調査で、スマートフォンでの回答者718人を対象に、ロシアのウクライナ侵攻について、自由に意見を書いてもらった。544人が何らかの回答を書き込んだ。
 ロシアやプーチン大統領を非難する声や、「戦争反対」「早く終わってほしい」「許せない」などの意見が半数以上だった。  
 また、憲法改正や防衛費の拡大など、日本における防衛体制の見直しを求める意見も多かった。一方で、こうした風潮を懸念する声もあった。  
 このほか、国連の役割を問う意見、公正な報道を求める意見などが寄せられた。  
 回答を紹介することについて承諾が得られたものについて、全文を掲載する。なお、事実誤認や誹謗中傷などにあたると判断したものは掲載を見送った。


 

1<怒り、悲しみ、憤りなど>

・どのような理由であっても人命を奪う権利は無い。
・一度戦争が起きると相手兵に対し殺人を行っても罪と感じなくなることが怖い。(50代男性)
・crazy! 一般人が多く犠牲になっているのは、許せません。ロシア兵の方々にもご家族がいると思います。人災は、防げる、止めることができると信じています。(50代女性)
・あってはならない(40代男性)
・あってはならない事です。(50代男性)
・ありえない(40代男性)
・ありえない!!絶対に許されないこと!!(50代女性)
・ありえない。世界には、私たちが"一般的"だとする感覚を持っていない、人間、社会が存在することを改めて強く実感した。(20代男性)
・くだらないからやめて欲しい(30代男性)
・この世の中でこんな理不尽な事があるのかと思います。平和とは何かを改めて考えます。(60代女性)
・するべきではないと感じた(20代男性)
・それぞれがどの思想を持っているか、隣国がどの立場をとるかで不安に思う気持ちは判らなくもないが、どんな理由があっても攻め込んだ側が悪いと思っています。民間人を犠牲にする、子供が亡くなる戦争は本当に辛い。早く停戦してほしいと思っています。(40代女性)
・たくさんの市民が巻き添えになり、ニュースを見るのが辛いです。早く終わって欲しいと願うばかりです。(40代女性)
・とても、悲しいこと。ロシアの軍が作戦通りに動いているのか知りたい。(50代男性)
・とにかく早く終わってほしい。(40代女性)
・とにかく停戦してもらいたい。一児の父として子供が亡くなった女性のニュースを、見て本当つらくなりました。日本政府としても引きこもってないでどんどん各国に提案していく姿勢を見せてほしいです(20代男性)
・どのような事があっても戦争は論外。会談ができない、自分の意見が通らないと思うから戦争が発生すると思う。戦争を選ぶ人は意見が通らないのは世界の意見だから自分がどう思っても周りの意見を大事にして自分の意見を曲げる努力をするべきと思う。(40代男性)
・どんな理由があっても駄目(70代男性)
・なぜ、戦争をしないといけないのか分からない。また、無関係の市民が巻き添えになっているのもいたたまれない。国が違うことで考えも違う。話し合いでどうにか解決してほしいと思う。(30代女性)
・なぜ一般市民を巻き込んでまで攻撃をつづけなくてはならないのかわからない。私はニュースで報じられる度に目を背けたくなる。(30代女性)
・なぜ軍事侵攻しなくてはならなかったのかがよく理解できない核の事や輸入されてくる食品などこれからどうなるのかも心配身近な生活の事の心配ばかりで恥ずかしいけど、不安ばかりです(60代女性)
・なんとか早く終わらせたい。(40代女性)
・ニュースでの映像でしか情報はわからないが、ウクライナの悲惨さは伝わる。地球の未来のために、他にやらなければならないことは、別にあるはずだ。(60代女性)
・ロシア憎しの一言(70代男性)
・一刻も早くロシア軍が撤退して欲しい。暴力による制圧が今後認められることは絶対にあってはならない。この戦争は、次の世代への大きな牽制にならなければいけない。戦争を仕掛けた側は損をする、争いは人類の発展を阻害する、ということを改めて世界が実感する必要がある。今の世界はSNSの発達により、昭和よりも戦争は圧倒的に起こしにくくなっている。当たり前のようにオンラインゲームで世界中と繋がれて、一個人が情報発信が出来て、文化や芸術もスマホ一つで学ぶことができる。留学生も昭和よりも遥かに多い。SNSで毎日のように海外の人の話を知る。海の向こうにいるのは鬼も天狗でもないと知っているのだ。勿論SNSにより検証不足のフェイクニュースが出回る、陰謀論が跋扈するなど悪影響はあるが、フェイクニュースは昔からあった。それを訂正できる場は今のほうが多い。やろうと思えば複数の情報源からソースを探れる。難しいが、いい時代になっていると思っている。そんな中での今回の戦争だった。ゆえに、今後生まれる子供達のためにも、『もう戦争は今の時代では起こせない。経済制裁を避けては通れないし、人の口を塞ぎきることはできない。長期的な利がない』という世界にしておくべきだ。また、国を問わず権力者の精神鑑定を定期的に行えるシステム作りをするべきだ。人は人が信じるよりも簡単に精神が狂う。脳の収縮、加齢、病気、ストレスなど様々な原因があり、本人の教養や愚かさには関係ない。狂うときは狂う。癌や心臓病と同じだ。予防はできるが、それも100%ではない。勿論、なりやすい生活環境の人もいる。それが『権力者』だ。つまり『権力者は狂わない』という前提で政治のシステムを動かすのは危険。それよりも、もし権力者が狂ってしまった場合はどうやって最悪の事態を回避するかのシステム作りをした方が良い。定期的に中立の立場の医師の診断を受ける、カウンセリングをする、簡単なテストをするなど。やり方はある。病気なら医療に繋げるべきだ。一刻も早くウクライナの人が安心して過ごせますように。また、日本がこれまでよりもさらに治安の良い、安心安全の国になりますように。(20代女性)
・一国のリーダーというものは、他国の人類を殺戮できる人が選ばれるものなのか。また自国の国民を世界から孤立させることが国益なのか。私もあの戦犯と同じ「ヒト」であるということが恐ろしい。エラーはどこで引き起こされるのか…。(40代女性)
・一日も早く戦争が終結する事を願っています(60代女性)
・何があっても侵略は良く無い毅然とした対応(40代男性)
・何があっても戦争はやめてほしい。どうしてもというのなら、大統領同士が素手で殴り合えばいい。(50代男性)
・何があっても戦争反対。(40代男性)
・何があろうと、戦争は反対(50代女性)
・何かしたいけれど、何をすればいいのか分かりません。(50代女性)
・許さない(50代男性)
・許せない。(40代男性)
・許容できない出来事であり、国際社会が厳しく対応すべき。ただしロシア人全てが悪いわけではない。(40代男性)
・共産主義の勢いが強まらないか不安。(30代女性)
・共産主義者は、暴力革命を推進するのだなと思った。(60代男性)
・現代において 中世のように 暴力的に 領土獲得が 出来ると考える人が しかも中東 アフリカ地域など 混乱状態の地域ではなく、文化的人権的に 世界のリードをしてきた欧米(白人圏)のリーダーで現れるとは 考えたことはなかった隣国周辺国との信頼と尊重を いつ  失ったのか 恐ろしいばかりです。ウクライナの国民を 心から お気の毒に思いますし、まずは 停戦し、世界平和 世界秩序の再建に向けて 話し合いが行われる事を 切に願います正しい停戦合意が 行われる日が 来ることを願いますが その時まで ウクライナの苦しみを見ているのは 大変 辛いことです それまで 持ち堪えることが 出来るように 日本も支援をお願いしたいです(50代女性)
・現代において戦争がおきるなんて思いもしなかった(50代女性)
・現代になって正当な理由なく全面戦争する国があるとは思ってなかった(30代女性)
・言語道断、独裁政治とは経済的交流を一切持たない。中国を含め目先の利益に釣られて抜き先ならぬ関係を持たない。(70代男性)
・国際社会がリアルタイムで目にしていることがあれほどはっきりしているのに、すぐになんとかできないことがはがゆすぎて、イライラしています。やはり、ロシアはやることは全く信用できない国だと確認できてしまい残念。ウクライナのみんなが無事であることを祈ってます。(60代女性)
・国際情勢については良くわからないので語る言葉を持ちませんが、戦争は何があってもしてはいけないことなので、一刻も早く終わらせてほしいです。停戦状態の韓国と北朝鮮も早く終わらせてほしいです。(40代女性)
・今、この時代に武力で制圧する選択をしなければいけない事情が受け入れられませんロシアの言い分もあるのでしょうが、実際ロシアのこの侵攻を他の国も抑えることができないのが現実なのがとても残念に思いますよく神様が状況に適応させるために定期的な自然災害や病気、戦争などを起こし人口を調整するなんて話を聴きます世界中の人を同じ考えにすることは不可能ですが、早くこの侵攻が終わることを願ってやみません(50代女性)
・今の時代に戦争の必要性は無いと思います(60代男性)
・今の時代に大国が武力行使をするのが信じられない。独裁政権だとやはりこうなってしまうのだろうか。(50代男性)
・今の世の中でこの様なことが起きた事に先ずビックリしました。人類は経験とその上の賢知を持っているものと思ってましたが左にあらず人間とは繰り返すものなのですね、、(70代女性)
・今後の世界秩序が変わる悪しき前例になることに強い懸念を感じる。抑止力が働かない事により、世界のパワーバランスが崩れ、北朝鮮や中国といった国家が動き出す未来に強い不安を感じる。(40代男性)
・最悪(70代男性)
・罪のない市民、子どもたちが犠牲になっていることに心が痛みます。(40代女性)
・罪のない弱い立場の人が傷つくこと、歴史ある文化を無作為に破壊すること、表に報道されていない難民の心情を思うと侵攻は停止すべきと強く怒りを感じます。(60代女性)
・殺人がなければ好きにしたら良い。(大人だけで!)何が楽しくて戦争するの?小さな子供が泣いてるのに平気で戦争する意味がわからない。(40代男性)
・社会主義系の国は独裁政治に成りやすいので、私は信用しない。侵攻は絶対認めない。(50代男性)
・侵攻と言う名目での戦争、それによって罪の無い人々が亡くなったり怪我をしたりしている、特にお年寄り・子供・病人等。それに住宅、仕事先など砲撃を受けている。心が引き裂かるような気持ちです。平和な日本にいる私達にはとても、わからないことだらけです。早く収集してほしいです。(60代女性)
・侵攻を認めることは、世界中のどこでも”力による現状変更を認めることになります。これは世界中どこでも起こり得る問題であり、決して容認することはできません。(70代男性)
・侵略行為を決して許してはいけない。(50代男性)
・世界規模へ拡大してほしくないと思う。(20代男性)
・世界情勢がどう変わっていくのか不安です(40代男性)
・絶対に許してはいけない事。(50代男性)
・絶対ゆるせません。私の母は、台湾からの引き上げ者でした。戦時中、学校の工作室で特攻隊の人々の前で 海ゆかばを歌って送ったこと。戦後50年の時を経ても この歌は歌えなかった。 戦後50年の時、高野山で特攻隊の石碑を発見。石碑に刻まれた海ゆかばを 見て、石碑の前で涙を流しながら歌ってきたと、話してくれたことを思い出しました。戦争は如何なる理由が有ろうとも、絶対許してはいけないことです。(70代女性)
・絶対反対(50代男性)
・絶対反対(40代男性)
・戦争が起きないよう国同士が協力し、ルールを守ってきたにも関わらず、ルールを破り、世界の平和を脅かし、罪のない数多くの人たちが犠牲になっていることが許されないです!そこから、他の国へ影響して、また世界のあちこちで戦争が起きないか、日本も巻き込まれていかないか、家族が犠牲にならないか、不安です。そうなった時の逃げ場所や対策なんかも考えてしまいます。(30代男性)
・戦争については反対です祖父を戦地で亡くしておりますので(50代男性)
・戦争に値するものは、どんな事情があれしてはいけない。何故、一般市民が犠牲にならなければいけないのか。(50代男性)
・戦争は、すべきではない。(40代女性)
・戦争は、良くない。(50代男性)
・戦争はいかなる理由があっても絶対悪だと思う。(50代男性)
・戦争はどんな理由があるにせよ、絶対に許される事では無いと思います。(40代男性)
・戦争はやめるべき(80歳以上男性)
・戦争は怖い、一般市民や一般市民が軍人となって戦っていたり被害に遭っている報道を聞くと悲しい。(30代女性)
・戦争を、行うことが信じられない(60代男性)
・戦争反対(20代女性)
・戦争反対!(50代男性) ・戦争反対です(70代男性)
・早くやめてほしい。(70代女性)
・早くやめて欲しい(50代女性)
・早く解決してほしい(40代男性)
・早く収まって欲しい。(40代女性)
・早く収束させたい。(50代男性)
・早く終わってウクライナの人たちが穏やかに暮らせるようになってほしい(30代女性)
・早く終わってほしい。(60代男性)
・早く終焉を迎えてほしい。これでウクライナがロシアの一部に例えばなってしまった場合、未だこの時代において、武力で国を奪う事が可能な事を証明してしまうので、一刻も早く撤退し、話し合いで終わってほしい。国を持たない民族の暴動のそれと、この時代において昔の領土を取り返すそれは、全く意味が異なる。グローバルだのサステナブルだの、、そんな事が提唱されてる時代に考えられない。テロもこうした領土奪還も、意味をなさないし武力行使は通用しない世の中になってほしい。お金で解決とかでもなく、その根底の不満が民族なり国の歴史であるならば、記憶に残す何か平和な方法で解決されたらいいですね。ただの理想論ですが。。(30代女性)
・早く中止してほしい、プーチンと対話できる政治家がいないことが不安だ。(40代女性)
・早く平和が戻るよう祈ります(30代男性)
・早急に戦争をやめてほしい(60代男性)
・太古の時代から人間は戦をやってきた。同種族が戦う動物なのかもしれない。ただ、子供や、女性の殺戮は決して許されない。(30代男性)
・大反対(70代男性)
・断固として許せない。国際平和について考えさせられた。(50代男性)
・怒りを感じる。(50代男性)
・日本では、ウクライナ侵攻と言っていますが、これは完全に戦争です。フランスのメディアは戦争という言葉を使用しています。このような戦争を起こすなんて、ありえません!日本は災害大国で、いつ人の命が奪われたり、街が壊れたりするかわからない恐怖にさらされている中、人為的に戦争を起こし、破壊行為を行うなんて考えられません!(40代女性)
・日本人として何か出来るのかわからずとりあえず寄付は直ぐ出来る事なのでやりたいがどこへ持って行ったらいいのかもコマーシャルしてほしい(70代女性)
・如何なる理由が有っても軍事侵攻は、許されない。中国、北朝鮮に利さない行動を取ってもらいたい。(40代男性)
・悲しい。(50代女性)
・被爆国として、核戦争はもちろん、全ての戦争は許されない。国家の政治家のエゴで、始まる戦争は常に独裁者から始まる。何の罪のない、一般国民を巻き込み、洗脳、情報統制、あらゆる汚い口実を作り、正当化しても、戦争を口実に殺人するならば、テロであり、許される行為ではない。(50代男性)
・非道であり人間の命の尊さを知るべきである。(60代男性)
・病院が爆撃され、こどもや妊娠さんが被害にあったことは腹立たしく、とても悲しい。罪もない国民が殺されている、日常を奪われていることは悲しい。武力以外で解決できる手段はないのだろうか。(30代女性)
・武力行使の戦争なんて時代遅れ。人の命を馬鹿にしている。子供の命を何だと思っているのか。(40代女性)
・武力行使は良くないと思います。一般人の住まい病院等への攻撃は許されてはならないと思います。直ぐにでも止めるべき。犠牲者をこれ以上増やさないで欲しいと思います。(50代女性)
・豊かになった今の世界で独裁政権はもう無理だと思う。ウクライナが立ち向かってくれて、踏ん張ってくれたことは世界的にも価値があることだと思う。(30代女性)
・毎日テレビを観ていて心が痛くなります。早く戦争が終わる事を祈っています。(30代女性)
・毎日ニュースなどでウクライナ侵攻のことを見ていて、何もできずにただ見守ることしかできない自分がもどかしいです。でも、明日は我が身かもしれないと思うと同時に恐怖が襲ってきます。(40代女性)
・民間人の犠牲に心が痛い。あってはならない戦争だ。(40代女性)
・民主国家と独裁国家の対立であり今後の国際秩序に関わる大きな問題だ。(60代男性)
・無差別な戦闘はしてはならないと思う(30代女性)
・理由を問わず戦争行為は認められない(40代男性)
・両国の方々を思うと胸が締め付けられます。一刻も早くこの状況が終わり、安心して暮らせる日が戻りますように。(50代女性)
・良くない(50代男性)
 

2<ロシア、プーチン大統領への非難>

・プーチンの独裁政治を激しく抗議し全ての戦争に反対します。(60代男性)
・プーチンを止められないことに,怒りと恐怖を感じます。(70代女性)
・ロシアの身勝手な振る舞いが許せません。(40代女性)
・100歩譲ってプーチン大統領の政治的価値観は理解できなくは無いが、一般住民にこれ程の危害を加える事に関しては断罪され制裁を受けるべき。(50代男性)
・21世紀なのにこんなことがあるとは思わなかった。武力行使は勿論許せないが、言論統制がどうにかならないのかという憤りを感じる。(60代男性)
・NATOの脅威が迫ってきてると考えたとしてもプーチンの1900年代の様な侵略戦争は一刻も止めるべきだと思う。(20代男性)
・SDGsが採択された国際社会の中で、取り残される方向に進み自分の首を一層絞めるのに等しいと思う。(20代男性)
・あまりにも理不尽。プーチンの勝手な思想の押し付けで何千万人モノ人が不幸になり、世界中に恐怖と経済的なダメージを与えている。たった一人の独裁者のために何人子供たちご亡くなっている。こんなことが許されるはずもない。世の中てこれ以上ない巨悪がプーチン。狂っているとしか思えない。彼の行っているプロパガンダは全くのうそばかり。その上自身の行った非業を全てウクライナのせいにしている。恥ずかしくないのだろうか。情けない。この現状を何とかしたい気持ちだけが空回りしている。(60代男性)
・ある程度の紛争、いざこざは世界中どこでも発生するとは思うが、市民への攻撃は明らかに戦争犯罪でしかない。真実を捻じ曲げ、独自の解釈で行った暴挙を断じて許してはいけないと思います。(30代男性)
・ウクライナにも非があるが、ロシアが暴力によって解決を図ったことは断じて許されない。強い制裁と非難を受けるべきだ。(40代男性)
・ウクライナの国は以前は兎も角、今は固有の独立国である、ロシアは攻めいる前にウクライナともっと、話し合う必要が、有るし、話し合いが上手く行かなければ各国首脳を交えて話し合い、解決打開策を練る巾と考える、それでも決着しなければ、ロシアは、国交をしなければ良いだけ、我々人間も判り合わなければ、付き合わないでしょう 勿論、喧嘩仕掛けて来れば、闘いますよね(苦笑)今はロシアが、戦争を仕掛けて来てるのだから、各国は仲裁に入る巾と考える、ウクライナは、ロシヤに対して、賠償を求める権利も、有り、ロシアは賠償する巾と考える、尚、ロシアが、核の使用を考えるなら、徹底的に叩く巾と考える、ロシアの国民は、可哀想だが、そんな大統領を選んだのだから、仕方無いと考える(70代男性)
・ウクライナ侵攻は、世界平和、人類の生存に対する脅威である。プーチンは明らかに戦争犯罪者であり、強く糾弾されるべきである。 彼の行為に対しては、歴史が明確な判断を示すことになるだろう。また、今後のロシア国民の動向にも注目したい。(60代男性)
・これまでの歴史があるので一概に言えませんがロシアの国の考え方がおかしいし戦争はプーチンの責任(50代男性)
・すぐに、撤退すべきだ。(70代男性)
・すぐにやめるべき(60代男性)
・すぐやめるべき!(70代男性)
・ソビエト連邦時代の支配地であったとは言えど、現在のロシアの領地では無く、ウクライナという国である認識がなされていないように感じる。その為、EU加盟等の意思表示が気に食わなかったプーチン大統領の独断による侵攻になったのではないか?(20代男性)
・ただ無益で不幸を生むだけの最低な行為(40代男性)
・どうしたらプーチンを止められるのかこんな時代になっても戦争が止まらないなんて辛いです(40代女性)
・どんな問題があるとしても、武力で攻撃(戦争)をしてはいけない人を痛めつけていいことはない!プーチンは子供か!罪もない人が命をおとしている事に心を痛めないのか!ただちに止めるべきだ!(40代女性)
・どんな理由があるにしても、他国を侵略する事は許されない。(70代男性)
・プーチンがしたことは許されない。一刻も早くウクライナの人々が安心で安全な環境になることを祈っている。(20代女性)
・プーチンが最悪。次に米国の責任も。(60代男性)
・プーチンさんの暴走を止められる人、諌める人はいないのでしょうか?核戦争になれば、日本は真っ先に狙われると思う(50代女性)
・プーチンとプーチンに忖度する小数の安全地帯にいる人間だけで戦争が行われているのでは。(50代女性)
・プーチンのいい印象が一気に堕落した(18~19歳男性)
・プーチンのような独裁者が戦争を起こしたことは絶対に許されることではない。世界中が団結して阻止し、徹底した制裁をするべきだ。(60代男性)
・プーチンの考え方には全く賛同できません。戦う術を持たない女性や子供、老人までもが標的にされている事がとてもショックです。ロシアは戦争を正当化するならばメディア統制をやめ、ロシア国内にウクライナのありのままの現状を正しく伝えるべきだと思います。そしてロシア国民の本当の声を聞くべきです。また、ロシア上層部の偏った決定のせいで、戦争反対派のロシア国民までもが制裁・弾圧を受けなければいけないこともとても心苦しいです。(20代女性)
・プーチンの側近がバカだと思う(50代女性)
・プーチンの独裁者に立腹しています。自ら戦場に行ったら良い。(60代女性)
・プーチンの独裁政治による侵略を速く止めなければならない;ロシア国民の力を期待したい(50代男性)
・プーチンの妄信、虚言が酷い。多少の痛みを伴っても制裁を強化すべき。(40代男性)
・プーチンはおかしい(40代男性)
・プーチンはひどい。ロシア国民の声を聞くべき。(60代女性)
・プーチンは狂っている(60代男性)
・プーチンは狂ってる。早く、失脚してほしい。(60代男性)
・プーチンは人間ではない悪魔だ(60代男性)
・プーチンを暗殺戦争終らせる。(70代男性)
・プーチンを確保して制裁を加えるべき(60代男性)
・プーチンを最大限非難する。ウクライナとロシアの国民が苦しまないよう1日も早く戦争を終わらせてほしい。(80歳以上男性)
・プーチンを裁判にかけろ思想統制され、ロシア人は可哀想(70代男性)
・プーチン死ね(50代男性)
・プーチン大統領が暗殺されることが、今後の世界平和にも大きく貢献するものと考えます。(70代男性)
・プーチン大統領の失脚と、ロシア連邦の崩壊を望む。(40代男性)
・プーチン大統領の独裁的な政権は崩壊させるべき(60代男性)
・プーチン大統領は国連安保理の決議に耳を傾けてほしい(60代男性)
・プーチン大統領は人に非ず。この時代にこんな悲劇的な戦争が起こるなんて想像できなかった。アメリカがダメなら別のなにかがプーチンのような暴君に睨みを効かせる存在が欲しいと思います。(50代女性)
・プーチン大統領を今すぐ止めるべきだ。(18~19歳男性)
・プ-チンは歴史に残る犯罪者となると思う、また、これに対して何もしない中国の習近平も中国内で反対派からの反撃に遭うことになる。(70代男性)
・ほとんどテロ行為。(50代女性)
・まったく許されない行為です。(50代男性)
・まったく許せない暴挙である(70代男性)
・やり過ぎ。元ソ連領かもしれないが、袂分けた他国だ。(50代男性)
・ロシアとかウクライナではなく、プーチンは危険人物。プーチンやナチスのヒトラーなど危険な国家元首が現れても世界平和が維持できる仕組みの構築を切望する。(50代男性)
・ロシアにとっては西側諸国の脅威であることは理解出来るが、やり方は全く賛同できず、侵略者でしかない。(40代男性)
・ロシアには溥儀が居ない(70代男性)
・ロシアに全面的に非がある。プーチンは責任を取るべき。(40代男性)
・ロシアのウクライナ侵攻は独断的で、卑怯なやり方と考えてます。(70代女性)
・ロシアのフェイクが多すぎてそこまでして勝利したいというプーチンの恥しらず(70代男性)
・ロシアの一人よがりに過ぎない。即時撤退すべき。(70代男性)
・ロシアの一方的な主張でウクライナの罪のない方々の生活や命が無慈悲に奪われている。これは許されてはいけないことだ。プーチン大統領は今からでも遅くないので今すぐにでも戦争を終わらせるべきだ。(40代男性)
・ロシアの一方的な勝手な解釈で理解できない。早く終戦となり、ウクライナへの謝罪と保証を支払い、プーチン大統領に罪を償って欲しい。(50代男性)
・ロシアの考え方が判った様な気がするロシアは領土に対して自国の周りには危険である国は置いて置がないという理論その為なら攻撃してでも危険を排除するこれは間違いだと思います(60代男性)
・ロシアの国民の中にも戦争反対の人たちは沢山いる。双方の罪のない命が失われたり苦難を強いられたりするのは見るに耐えない。プーチンに早く鉄槌が下される事を願う。(50代女性)
・ロシアの国民は自国の指導者が独裁的で危険な人物である事を理解してほしい。(50代男性)
・ロシアの最終目的がよくわからない。戦争をして結果的にどうしたいのか。(30代男性)
・ロシアはいますぐ攻撃をやめるべき現状でも虐殺しているがウクライナ占領しても虐殺を停めれるとは思えない。国家破綻する前に撤退して制裁を受けるべき(30代男性)
・ロシアはソビエト連邦だった時と行動が変わらずがっかりである。(40代男性)
・ロシアは自分勝手でプーチンは自分が正しいと思いすぎてると思いますやるなら国の偉い人同士でしたらいいと思う。国民巻き込むなって感じです。(20代男性)
・ロシアは侵攻をやめるべき。ロシアにも面子があるだろうから、やめ方を提案し話し合ったらいい。(50代女性)
・ロシアは身勝手極まりない。(40代男性)
・ロシアは戦争をやめて、国としてなくなるか再編するといい。(40代男性)
・ロシアは即時撤退するべき。(40代男性)
・ロシアを潰したい。(40代男性)
・ロシア国民がプーチンの暴走を止めるべきだ(50代男性)
・ロシア内のクーデターでしか、この戦争は終わらない。時間をかけるとプーチンが暴走するだけで、被害が拡大する。停戦合意の武力放棄は危険。日本人に難民を受け入れる覚悟が必要。政府、産業界は募集せずに労働者が来てくれると内心喜んでいる。永住する事を前提に法律をしっかり決めて。難しい。 難民問題はウクライナルールで全世界の難民を受ける事になる。覚悟必要。(50代男性)
・一方的にロシアが身勝手だと思う。戦争という手段は絶対許されない。(70代女性)
・各国には各国の事情があり一概には言えない。罪のないロシア関係者も被害を受けているようで気の毒。(30代、答えない)
・完全な侵略である。(70代男性)
・許されない。(70代男性)
・許されない行為だ。(60代女性)
・強く非難されるべきだ。(60代男性)
・恐ろしいことは早くやめてほしい。市民を傷つけないでほしいです。(30代女性)
・決して許されることではない。また、国際的孤立が深まる中で、ロシアが終戦に向かうのではなく、かつての日本の軍部のように、さらなる暴走を始めないかが心配。(20代男性)
・言語道断、非人道的(60代男性)
・言語道断のこと。何もしていない国に、他国が軍を派遣して、侵略することは、あってはならない。自身の国民も欺いていることも、許し難い。(70代女性)
・国際社会の規範を逸脱した許されざる行為。悪いのはロシア国家ではなくプーチン大統領であるが、ロシア国民が一致団結してプーチン排斥を行わなくてはならない。(20代男性)
・今すぐプーチンを暗殺するべきだプーチンの2人の娘も死刑にしなければ遺恨が残る。(50代男性)
・今時、侵攻なんかする考えが古臭く感じ、やってはいけないことだとつよくも思う。武力行使する考えがそもそも間違ってる。(50代男性)
・最悪の核戦争にはならないで欲しい。ロシア軍内部でクーデターが起きて欲しい。プーチンを倒して欲しい。(40代男性)
・罪のないウクライナ市民の死者、負傷者をこれ以上増やさないためにも、プーチン大統領の暗殺計画があってもおかしくないのでは?ロシア国民に今の現状、真実をもっと知ってもらうことが何かできないか…ロシア兵にも家族がいて負傷者や死者も出ている現状を伝えることをしていくようにしてはどうか…(40代女性)
・昨日のプーチンの集会を見ても、あれがロシア国民の民意とすれば、国民性を疑いたくなる。どうすれば、ロシア国民に真実が伝わるのか考えてしまう。素敵なロシアの方々がたくさんいるのに…。(60代男性)
・市民を巻き込んでまで侵攻するのは違うと思う。(20代女性)
・時代遅れ、ナチスの再来のように思える(30代男性)
・情報等が伝わらい事により ロシア国民の半数以上かプーチンを支持している事がやりきれない(60代男性)
・侵攻(戦争)すべきでない!(60代女性)
・侵攻はすべきではない。(40代女性)
・侵攻を中止して和解すべき(40代男性)
・侵略行為だと思う。これまでの戦争も難癖や些細なきっかけを拡大解釈して始まっているので、結局同じことを繰り返しているなと思う。早く戦争が終わって欲しいと思います。(20代男性)
・侵略行為で、一統政治家の野心。中国も同類と思います(60代男性)
・侵略行為であり許されない。(60代男性)
・侵略行為とえる。(70代男性)
・侵略者(40代男性) ・人々の生活を一変する大変な行為。何がしたいのか?人命以上の事は無い。(40代男性)
・世界史の教科書の記述か見紛うような時代錯誤で不当な侵攻。決して正当化されない。(20代男性)
・西欧諸国などからの関係から同情の余地はあるが、インターネットの遮断など、情報操作を行う意図を感じる点で悪意があり、軍事的な戦闘行為に至ったことは言語道断である。(30代男性)
・絶対にあっては ならないことだと思う。プーチンの独断と偏見 で 軍事進行し罪のない人々の命、 日常生活を 奪うことは 絶対に あってはならないことだし許されることではないと 強く思います。そして ロシア軍が ウクライナを攻撃して破壊しているのに それを ウクライナ軍が したことであると 平然と主張して ロシアを正当化していることが本当に 信じられないし 許せないことだと思います。(50代女性)
・絶対許されない。ロシアの政権は変わったほうがいいと思います。(60代男性)
・戦争はやるべきでない!ロシア国民も被害者、早くプーチンを止めるべき!(60代男性)
・戦争犯罪(50代男性)
・戦犯者プーチンに対して制裁をするべきだ!彼は自己の考え方の不満で行動しているただの自己中心な考えで罪の無いウクライナの人々を無差別に殺害している!無差別殺人鬼です!世界で彼を何としても止めないととんでもない事になります!同様にしたたかな習近平も同じ考え方を持っている人物と言えるでしょう!(50代男性)
・全く受け入れられない狂気の沙汰でソ連時代と同じで正常な行為ではない(70代男性)
・早く辞めて欲しい(18~19歳女性)
・即時停戦 ロシア軍即時撤退 断じて許されない(70代男性)
・断じて許されない行為であり、首謀者の責任は重大であると思います。一日も早い停戦が実現するよう祈ってます。(50代男性)
・独裁者の虐殺そのもの(50代男性)
・独裁者の侵略戦争(50代男性)
・独裁者プーチンを死刑に(80歳以上男性) ・独立国家に対する侵略行為で、許されない。(70代男性)
・難しいことは分かりませんが、ロシアのプーチン大統領の独裁的統制に恐さを感じ、旧ソ連を感じざる得ません。プーチン政権の孤立感を早急にするべき。(60代男性)
・如何なる理由があろうとも、他国に軍隊や攻撃による武力行使は、絶対に許せない。最初に核兵器の使用を脅しでチラつかせ、自国への反撃が出来ない様に脅してから、一方的に一般市民や子供迄攻撃する大統領は、この戦いが終わった後は、必ず裁かれるべきで、この行為が許さねるなら、世界中出来ない、同じ様な事態になる。絶対に許してはならない。(60代男性)
・非人道的で、大義がないと思う。言いがかりもいいところ。(50代女性)
・病院や学校をねらっているロシアは、おかしい。(50代女性)
・暴挙であり、侵略で弁解の余地なし。(60代女性)
・民間人に被害が拡大しているので早く停戦してほしい。プーチン大統領の独裁国家が崩壊すべきだと思う。(40代、答えない)
・無謀で、残虐な行為だ。(60代男性)
・命を無駄にしている。社会生活の場を破壊し、空白地帯を作ってる。(70代男性)
・歴史的な背景があると思うが、プーチンにとって焦りがあると思う。(40代男性)
・論外、決して許されない(70代男性)

3<防衛見直しを><防衛強化に懸念>

<防衛見直しを>
・アメリカはロシアと対話すべき。日本は9条を改正し、安全保障体制を強化すべき。国内の原発の再稼働を進め、エネルギーコストを下げるべき。(30代男性)
・ウクライナ侵攻には様々な原因があると思いますが、ウクライナが核を放棄した事とアメリカが「世界の警察官ではいられない」という態度を示した事でロシアに侵攻する隙を与えてしまったのだと思います。また、アメリカを始めとするNATOも今回のような有事の際に他国のために自国の軍を派遣する事に消極的だと感じました。ロシアに経済制裁を科しても直接ロシアの軍事侵攻を止める事は出来ないため、日本においても領土や人命を守るためには、これまでのように国防を他国に依存するのではなく、日本自身が自衛できるだけの軍事力をつける必要があると思います。自衛隊や国防にかける予算も拡大して憲法の見直しもすべきだと思いました。(30代女性)
・このままロシアの言いなりになって終うと、必ず中国が台湾に対して同じ事をやるのではないかと強い危機感を覚える。その時日本としてどういう態度で臨むのか確りと決めておくべきだ。(50代男性)
・プーチンに強い憤りを覚えます。平和的な強い制裁を続けてほしいです。また、アメリカが世界の警察であった時代は終わったと思います。自分達のことは自分達で守らなければと思います。憲法9条の理念平和主義は、世界秩序あってのものだと思います。このままでは日本が、社会主義圏に好きなようにされてしまいのではないかと心配でなりません。改憲と防衛力強化を強く望みます。(30代男性)
・ロシアおよびを世界から排除すべきだと思います。また、日本も抑止力として核兵器を持ち抑止力として機能させるべきと思います。(30代男性)
・ロシアが正当な理由のない軍事侵攻をしたことで、欧州の各国は軍事費の引上げと軍事支援を迅速にやってのけた。過去の大戦や冷戦などによる危機意識が日本と全く違うと感じた。これは日本も例外では無く、力無き者は支配、搾取される。これは歴史が証明している。平和ボケした日本もこの現実から目を背けず危機感を持って、核共有に関しても保有するかどうかは別として、議論はしていく必要性があると考えます。今回の侵攻を他人事だと考えていては絶対にだめだ。ダーウィンの進化論のように環境と情勢に適応した者だけが生き残ることができるのでは無いだろうか。(20代男性)
・ロシアのウクライナへの侵略を他山の石として、国家の体制、国民の生命、財産、或いは自国の伝統、文化、風習、国民性までもを脅かす他国からの侵略というものが、現実に起こりうるものだということを目を背けず考えることは、日本国の主権者たる国民としての務めであることを、一人ひとりが真剣に考えるべきであると思う。中国という脅威は現実にある。多くの日本人のお花畑な平和理論など聞き入れてくれるわけはない。(40代男性)
・ロシアのウクライナ侵攻は絶対に許されなく日本は各国と協力してプーチンの意志を挫折させなければならない。今回の侵攻を機会に日本の防衛を更にハードとソフト面で更に強固に現実的なものとすべく、今直ぐにでも着実に準備を進めなければならない。(60代男性)
・ロシアの侵攻理由は納得できるものでないのもちろんですが、いかなる理由があろうと武力侵攻していいわけがない。民間人をわざとに狙っているとも見受けられるため世界が一丸となってウクライナに支援すべきと思う。軍事介入できる国はしてほしいとも思う。日本も改憲を急いだ方がいい。(40代女性)
・改憲し自衛隊を国防軍とすべき。また、ドイツ同様、防衛費をGDP比の2%に引き上げるべき。(40代男性)
・狂った為政者が統べる国とは「対話で解決」などできないことがはっきりした。これを機に日本も軍事力を増強し、核配備も含めた議論を活発化させなければならない。立憲民主や共産、れいわ新撰組など、なんでも反対で議論も始めようとしない連中を国会から引きずり下ろし、日本国民を守ってくれる政治家のみで国会を運営すべきだ。ウクライナ情勢は対岸の火事ではない。(20代男性)
・国際法違反。我々も備えるべき。(50代男性)
・今回のロシアの侵攻で、社会主義国家の危うさがよく分かったと思う。ロシアにしろ中国にしろどちらも日本とは領土問題を抱える国でもある。敵基地攻撃能力や核の抑止力など話し合うことは山程あり、急を要する。いいかげん議論することから逃げるのを止めてもらいたい。(特に野党第一党である立憲民主党に言いたい)(40代男性)
・積極的に軍事行動を日本もするべきその影に中国を抑えるべき(50代男性)
・先日の中国がロシアに軍事支援検討のニュースを見て、世界大戦にならないか不安。アメリカが世界の警察でなくなりつつある中、日本の国防は機能するのか。(20代男性)
・早期の終結を望むが、ロシア国民の多くがプーチン大統領を依然として支持している状況では難しいと考える。諸国が協調してウクライナを支援し、ロシアへの制裁を続けるほかないと思う。日本としては軍事的経済的な行き詰まりから来る隣国ロシアの暴発に備える必要がある。(30代男性)
・大国であるロシアがこんな酷い戦争を仕掛けるとは信じられない気持ちです。早く終結できるように国際社会が一体となってロシアに圧力をかけ続けて欲しいと思います。また、日本も本気で自分の領土を守る意志を見せなければならないと思います。(50代男性)
・中国や北朝鮮にも影響を与えることなので日本はより積極的になるべき。(20代男性)
・日本がいつウクライナの二の舞になるかわからないため政府には素早く憲法の改正と防衛費の引上げ、核シェアリングの議論するべき(30代男性)
・日本が戦争を放棄しても戦争は日本を放さない。(30代男性)
・日本においてもロシアや中国・北朝鮮らの軍事的行動に対して十分警戒が必要ですし、アメリカの援助が無い場合も想定して外交および国防の対策を考える必要があると思います。(40代男性)
・日本にも、核兵器を導入、かつ、自衛隊を日本軍とし、防衛省を軍務省へ改編すべきでしょう。(50代男性)
・日本の安全保障も真剣に考える必要がある。首相は検討だけでなく具体的な方針を示すべきだ。(20代男性)
・日本の国防費を強化するべき都市部への他国からの攻撃に備えたシェルターを各地に準備するべき有事に備えておかないとすぐには対処出来ない(40代男性)
・日本の防衛に危機感を強く感じ、防衛力強化と防衛費用の増額、自衛隊の増員、敵地攻撃能力の認定、核兵器保持、専守防衛の法律改正が責務と思います。(60代男性)
・日本の有事対応について議論すべき。アメリカに頼ってばかりで心配。(40代男性)
・日本も防衛だけでなく攻撃に関する法律を議論すべきである。更には防衛費の増額が必至である。(40代男性)
・日本や台湾も中国からの侵攻リスクがあり、今回の事を対岸の火事とするのではなく実際に近くや日本で発生したらどう対応するか、シミュレートしたり、対応するための憲法改正の議論を活発にするべきだと思います(30代男性)
・非常に強い危機感と恐怖を感じる。核攻撃を受けた国である日本のあり方は核戦争及び保有など全て否定する立場を取るべきだと思う。(40代男性)
・武力による侵略は絶対に許してはいけない。ウクライナの事は対岸の火事ではなく周辺国の事を考えると日本も対策しなければいけない。(50代男性)
・ロシアのウクライナ侵攻は他人事では無い、日本がいくら平和を唱えようとも武力侵攻に対しては毅然と立ち向かう必要がある。自衛隊を国防軍にし、平和のためにも防衛力は必要だ。(50代男性)
・ロシアは信用できない。ウクライナと連携を強化して、集団的自衛権とそれに伴う日米安保の枠組みを全面に押し出して、ロシアの野望を砕くべき(50代男性)
・国際社会にて、他国に守ってもらえるという、幻想を抱いている日本国民の平和ボケを少しは自覚したと思う。(40代男性)
・日本が第2のウクライナにならない様に核保有を考えるべきだ(60代男性)

<防衛強化に懸念>
・ウクライナ侵攻を安易に中国の台湾侵攻と結びつけて日本の安全保障を不安がらせる言論に注意したい。軍事力強化を声高に主張する意見が、世論をより一層右傾化させてしまうのではないかと懸念している。日米同盟の強化や軍事力強化が太平洋地域の抑止力としてではなく、不安定化につながらないかを注意深く考えるべきだ。(20代男性)
・核兵器が使われることの無い早期解決を望みます。日本は核についての議論こそ積極的に進めるべきだと思うが、「だから核を持ってはいけない、使ってはいけない」という結論に行き着いてほしいと願う。(40代男性)
・今こそ平和憲法を守るべき(60代男性)
・ただちに辞めるべき同時に日本のウクライナ支援は中止すべき(20代女性)
・ロシアの侵略は完全に悪だが、ウクライナへ軍事的支援をすることは戦争に加担することに繋がっていると思う。民間人を積極的に支援すべき。また、ロシア政府(特にプーチン大統領)を非難しても、ロシアの民間人とは切り離して考えるべき。(40代女性)

4<難民・避難民対応について><日本がすべきこと>

<難民、避難民対応について>
・この時代にこのような独裁国家が許されていることが非常に残念です。敗戦国、核被害を受け多くの犠牲をだしてきた日本の役割はとても重要だと思います。難民受け入れなど、日本でてきる最大限のウクライナ支援を支持したいです。(50代女性)
・岸田内閣は、もっと積極的に西側自由主義陣営との連携を強化するべきだと思う。避難民もっと、もっと多く受け入れるのが、望ましい。これを機に、国防論議を意味のあるものに深めて欲しい。(60代男性)
・ロシアが国際規範に合わない事をしていてプーチン大統領に制裁が下るべきだと思う。日本は人道支援を徹底して、とにかく市民の安全を守り難民を受け入れること。民間と行政が力を合わせて良いシステムを作るのも良いと思う。ここで忘れて行けないのは難民たちのその後のこも。ウィシュマさんの痛ましい死から学び、日本に住む外国人達や難民たちに対する制度の見直しと、改善を。(40代、答えない)
・日本はもっと難民を受け入れ、経済支援など積極的な役割を果たすべき。燃料価格が上がるなど不自由はあるかもしれないが、今こそ、日本の世界貢献ができる機会でもある。今動かなければ、ロシアや中国の台頭を許すことになる。(40代男性)
・直接の安全保障上の危険があったわけではないにも関わらず、民主主義の主権国家に対する武力行使で、それも市民への無差別攻撃により自国の利益を押し付けようとしたロシアの姿勢に衝撃を受けた。これ迄の中等やアフリカの戦争や内線とは全く異なると言える。同時に、ロシア軍が明らかに米国西欧の軍隊より弱いことが明らかになったにも関わらず、欧米軍事介入が無いことから、改めて核兵器を持つ事の意味を思い知った。また日本の立場としては、欧米メディアに流され過ぎ無いことが重要と考える。・そもそもトランプ政権が核軍縮条約を脱退してロシアを刺激して来たこと。
・欧州にとってはロシアへの依存を引き下げる好機である一方、日本にとっては中東や中国への依存からの将来的な分散先の一つがロシアであり、欧州と完全に同調するわけには行かないこと。・欧州が隣国であり、人種民族、文化生活様式、宗教、言語が近いウクライナ避難民を中東、アフリカ、アジアの避難民に比べて積極的に受入るのは止むを得ない面がある。一方で、同じアジアであるミャンマーやベトナム、ハザラ人の難民すら拒絶して来た日本人が、ウクライナ避難民を歓迎する姿を見て、未だに日本人は脱亜入欧という意識であり、欧米崇拝、白人に対するあこがれを感じた。日本が同じ目にあった時、東西欧米諸国が同じように日本人を受け入れる事は絶対にあり得ないことを日本人は認識しているのだろうか。(30代男性)
<日本がすべきこと>
・なぜ今そのような事になっているのか、ちゃんと分かっている日本人がどれだけいるのでしょうか?日本国民はどんなに綺麗事をいっても所詮は対岸の火事としか思っていない。いざという時本当に行動できる人はいるのか。(50代男性)
・対岸の火事ではない(60代男性)
・対岸の火事と思わず、北朝鮮、中国、ロシアと隣接している国だと強く認識する事が大切だと思います。国としての自立を意識して欲しい。(50代男性)
・政治的で、とても難しい問題です。ウクライナの国民が、自由な社会を希望するのは、理解できます。しかし、地理的に、ロシアの近隣国家は、ロシアとの関係を断ち切ることは、難しいということが、今回の紛争で分かりました。ウクライナの国民も大統領もこのような事態になるとは、予想していなかったのでは…と思います。日本は、島国なので、外交的な駆引が苦手であるし、私たちも国際化と言われつつ、日常で自国以外の国の人々と直接交流があるとは、言えません。防衛の枠組みや現状に即した国際社会とのつながりについて、私たち国民も、改めて、考えていかなければならない時にきていると思います。(50代女性)
・この時代に武力で他国を侵略することに信じられない思いです。ウクライナを指示応援しています。ですが、先日のアメリカ議会のゼレンスキー大統領の演説で、9.11のテロと真珠湾攻撃を同じ扱いをしている発言は、日本人として許せない行為です。日本政府はこれを正すように世界に正しい発信をして欲しいです。(70代女性)
・これを好機に、北方領土、シベリア抑留についても日本から世界へ配信すべき。ロシアの立場、ウクライナの立場からではなく、常に日本の国益を第一にと思う。現在は西側自由主義国としてウクライナに全面的に協力すべきであるが、落ち着いた後は、ウクライナ大統領の真珠湾攻撃発言についても、意見すべきだと思う。(50代女性)
・日本も北方領土を不法占拠されてるのだから、もっと積極的に発言したほうがよい。(40代男性)
・北方領土返還を期待するロシアに対する配慮は、ロシアを逆に増長させるだけであるから、西側諸国の先頭に立つ気構えで臨んでほしい。(60代男性)
・アイヌ民族を独立希望地域とする見方へロシアの振り子が動かないよう圧をかける必要がある(20代男性)
・あり得ない。絶対に認めてはいけない。日本はより国際協調に積極的に関与しプーチンの悪行に毅然と立ち向かうべきプーチンの戦争の成功体験を完全に過去のものとするよう、ウクライナを何として守り抜くべき(50代男性)
・この時代に大きな戦争を目の当たりにするなんて思わなかった。報道を見るたびに心が痛い。誰も得をしない戦争は早くやめて欲しい。それと同時に日本の安全について今一度考えさせられた。(30代女性)
・それ自体は許し難い。ロシア、というか、プーチンによる無差別大量殺人だと感じる。ウクライナ人はもちろん、ロシアの軍人も殺している。ただ、ウクライナとの歴史的な経緯やウクライナの問題などが全く考慮さすず、人道的な見方で、ウクライナかわいそうとなるだけのムードも違和感を感じる。また、いまも世界には戦争難民が多数いて、中東や中央アジアからヨーロッパに逃げようととして、その道程で足止めされ、不幸なま魔の人たちもたくさんいる。ウクライナの人たちだけでなく、これをきっかけにそういった難民の人たちも救済されることを願う。日本政府のロシア非難の仕方も一方的で疑問だ。これで北方領土は二度と返還されないのでは。日本はロシアのことを思っているから、やめなさいと言った働きかけもあるはず。日本はロシアの隣国だというのに、アメリカに従わざるを得ない政府かもしれないが、どんだけ自国で考えて国際社会を動かすように働きかけできないか、悲しくなった。(50代男性)
・まずどんな場合であっても他者の命を奪う理由にはならないと思う。また、国の代表が独裁政権を行使できるような状態はとてもではないが容認出来ず、日本を含めた他国に多大な悪影響も与える上、国際社会の中での現代の国のあるべき姿や、評価も低くなると思う。特に民主主義の国家では、適切に少数意見も正しく議論されるべきであり、法律の改変には安全面から言うと日本ではもっと慎重かつ少数派含む多方面の意見を取り入れた上で、正しい民意を反映して議論されるべきだと思う。また、国民への情報開示の解像度が日本の政府からは低すぎると感じており、国民が政権に対する意見を伝える手段や、細部に至る詳細まで今よりも容易に正確な情報取得できる基盤ができていない為、そのような仕組みを確立する事は急務だと感じる。また、ロシアの今回の侵攻は決して他人事ではないし、だからこそ解釈によって意味合いが変わってくるような発言や、ルール(法律)の策定は非常に危険な為、政権側には絶対にやめてほしいと思っている。(30代男性)
・ロシアだけが悪いとは思わないが、日本のあるべき姿勢としてはウクライナを支援し、ロシアを軍事的、経済的に弱体化させることが重要(50代女性)
・一刻も早く停戦がなされることを望んでいる。…とはいえ、どんなロジックを使ってもロシア軍の侵攻は正当化が難しいため、今更撤退しても人道上の罪や戦争犯罪に陥るならば、強引にでも占領してしまいたいという自暴自棄に、ロシア軍ないしプーチン氏が陥っているように見えて不安視している。また、そのような理不尽かつ破綻した論理を振りかざすロシアの隣国として、領土問題を抱える日本においても、ウクライナ侵攻のようなことが起こる可能性は危惧しないといけないかと考えている。今回のクリミア半島という領土紛争から端を発したウクライナや、カレリアという領土問題を抱えているフィンランド、など、ロシアの隣接国で問題が起こりうる親日国と、NATOやG7とは別の、新たな協力体制・機構・秩序の設立を模索してもよい気がする。(20代男性)
・許されない行為に憤りを感じるとともに、今後の日本に強い不安を抱いています。(60代女性)
・国際的な治安秩序においてウクライナ援助は積極的にするべきだと考えます。日本ももちろん経済的被害を被ると思われますがこの無法に目を瞑る事は、第二のウクライナを生み出します。チェチェンやジョージアの際の対応のツケが今ウクライナで払われていると考えます。この現状の流れを変えなければ、台湾有事も、ますます現実味おびるでしょう。台湾有事の際、支援してくれる国はいくつあるのでしょう?韓国はしないでしょう、インドはハッキリしません、オーストラリアは遠すぎます。ASEAN諸国は中国に逆らえるでしょうか?現在、実質アメリカと日本以外思いつかない現実が大変不安です。ウクライナの悲劇はけっして他人事ではありません。私自身、募金の形でしか支援できず申し訳なく思っています。しかし何もしないよりは有益と考えます。もし皆様も少なからずこの現状に不安を覚えるのであれば、どんな形でもかまいませんのでウクライナの支援をお願いします。(50代男性)
・今後、同じような侵攻が起こらないように防衛費の高い国との貿易や日本企業の進出を止めて、経済的側面から戦争を根本的に阻止するべきだ。(40代、答えない)
・主権国家に武力で侵攻する国は、許されるべきではない。ウクライナには申し訳ないが、結局、核保有国にはどこも手出しが出来ないということがハッキリした。核保有国に囲まれる日本も、侵攻されても同じことになることがわかった。(40代男性)
・首相はプーチン大統領と直接交渉すべき(50代男性)
・絶対に許されないこと。日本もかつて同じことをした国として改めて反省する機会としたい。(40代女性)
・早期停戦を願う。プーチン大統領の思惑が理解出来ないが、NATO.ウクライナ.ロシアが共に今後の安定した欧州を確立するための合意をしてほしい。日本は各国に足並みを揃え毅然とした対応を望む。(40代男性)
・兆候は2014年からあった。いつかは起こることだったが、ここまで大規模に行われたことが問題だろうと思う。日本は法の範囲内でできることをやっていると思うが、その多寡や是非はもっと議論されて良いとは思う。(30代男性)
・日本が戦争に巻き込まれないために今後強化すべき分野はエネルギーと情報だと思った。そこには経済も自ずとついてくると思う。(60代女性)
・日本のガス田を早く商業生産するべき(50代男性)
・日本は政治的な判断や事務的な調整が極めて遅く、簡単に付け込まれて侵攻されるのではないかと思います。ロシアの最恵国待遇取りやめもかなりの時間がかかっています。何の検討や調整をしているのか分かりませんが。(20代男性)
・武力による現状変更は時代遅れで、許されない政治手段だ。日本周辺事態にも直結する問題。強い対抗姿勢を示さなければ、やがて同じ目に遭っても誰も助けてくれなくなる。(40代男性)
・無差別攻撃は人としてありえない。ウクライナの罪もない人びとが苦しんでいることに胸が痛い。ウクライナへの支援を日本国民に広く呼びかけ、日本として出来ることをしてあげて欲しい。また日本政府も明日は我が身と考え、自ら動いて早く戦争を終わらせる努力をして欲しい。よろしくお願いします。(50代男性)
・唯一の被爆国、戦争放棄の国として、積極的に仲裁に加わるべきだと感じる。(40代男性)
・今回の戦争でいろいろなモノが価格高騰しています。主にガソリン価格は上がる一方です。コロナに震災もあり、かなり生活が圧迫しています。生活に余裕があるなら特には感じることはないかもしれませんが、余裕がない人々がさらに増えています。まず国民の生活の保護するべきでは?と感じます。物価のみ高騰して給料等の収入は簡単に増えません。今一度、給付金を出してもいいかと思います。国会等で議論されていることが国民生活に直結した内容とはとても思えません。もっと踏み込んだ政策、国民が納得できる対応をして欲しいと願います。(30代男性)

5<国連に注文><国際社会に対して><制裁強化を>

<国連に注文>
・アメリカ、国連がもっと積極関与して解決に努めるべき。国連がNATOとロシアの調整をしないと停戦すらままならない。国内では短絡的に今回の件をみて、日本の核共有や憲法9条改定に議論をつなげるのは非常に稚拙かつ危険な論理構造だと感じる。これまで日本が積み上げてきた歴史を否定することにつながる。その代償は計り知れないことを、特に覚悟もないのに軽薄に勇ましい論理を振りかざしている安倍元総理や一部の国会議員、ネトウヨの面々は肝に銘ずるべき。(40代男性)
・ロシアの暴挙を許せば、世界に平和はないと思う。国際法を守らないロシアに常任理事国の資格があるのか、と思う。国連がもっと関与するべきだと思う。(50代女性)
・ロシアは戦争をすべきでない 国連は何をしているのか 疑問に思う (60代男性)
・何も攻撃されて無いのに一国の主権を脅かす事は国連軍で排除すべき。日本も当然、自衛隊を派遣して協力しなければ(60代男性)
・軍事行動は外交の1手段とは思うが、国際秩序を乱す行動を行うなら常任理事国から退くべきと思う。(30代男性)
・国際協力がより必要とされる中、武力を持って沈める事に時代遅れも甚だしい。常任理事国であるロシアが、対話のテーブルにも座れしない国であるとは、国際秩序を保つこともできない。(40代男性)
・国際法違反。国連の無力(60代男性)
・国際連合の意義価値の見直し新しい国際秩序の構築が必要(40代男性)
・国連がまるで役に立たないことがわかった。自分の国は自分たちで守る必要があることが必要(40代男性)
・国連の機能、役割が問われている(70代男性)
・国連軍を組織してウクライナに展開しロシアと向き合いこれ以上の進行を止めるべき。(60代男性)
・人類史的な不幸で残念です。国連の機能強化など戦争を止める方法をつくることは出来ないのでしょうか。(50代男性)
・全世界が軍を放棄して、国連軍を創出する必要がある。アメリカが放棄した世界の警察を国連が共同で運用するべき。それに伴い、国連の議決方法の変更や参加国を増やす必要がある。(40代男性)
・断じて許せない。国連がもっと強い組織になってほしい。(60代男性)
・力で捩じ伏せるのは絶対にダメなんの為に国際ルールがあるのか国連の機能はないのと同じ。(70代女性)
・力による主権侵害、市民虐殺に反対します。プーチンのような独裁者が野蛮な目的を持ってそれを行動に移した場合、国際条約も相互の約束事も全て破られ紙切れでしかなかったという現実に無力感を感じます。 常任理事国であるロシアが他国を侵略するという事態に国連は何も出来ないようでは存在意義が問われます。ロシアを常任理事国から除外して国連を一から作り直す必要があると思います。まずは一刻も早く停戦し、ウクライナの人たちの身の安全を確保して欲しいです。そして良識を持ったロシア国民の蜂起を望みます。(40代男性)
<国際社会に対して>
・EUなどが中心となりロシアが1日も早く撤退するよう働きかけを強めてほしい。(40代女性)
・ウクライナ侵攻は許せないが、ウクライナをめぐってロシアとNATOがどちらが支配するかの争い。第三次世界大戦の危機を感じる。反戦行動にたちあがろう(70代女性)
・これからアメリカがどう動くか(40代男性)
・とても悲しいこと。戦争そのものが悪、やるのであれば民間人や戦争に反対する人を巻き込まないで戦争したい本人だけで行ってほしい。ウクライナに問題があるのではなく発端はNATOの勢力拡大だったのなら、ロシアとNATOが共存するための議論はできないのか。個人的にはプーチン大統領だけをピンポイントで拘束することで事態が解決すればいいのにと奇跡のようなことを祈るばかり。(30代女性)
・ロシアの侵略 ウクライナを何故世界は助けない? 相手の立場を考えてほしいまだまだ一般人の被害が増える胸が痛い(60代男性)
・どの国もウクライナと共に戦おうとはしない 欧米その他はイカれたプーチンにびびっているブダペスト覚書も無視され、結局は約束は破るためにあるという実例がまたひとつ歴史に刻まれる一方、トランプが大統領だったらウクライナ侵攻はなかったという説は正しいかもしれない なぜならプーチンにしてみれば自分よりイカれた奴がアメリカ大統領として存在しているからだ(40代男性)
・なぜ、助けない!(50代男性)
・プーチンを世界全体で、どうにかすべき。プーチンさえ、どうにかすれば終わると思うから。(30代女性)
・ロシア、ウクライナだけでなくNATO、中国等も視野に入れるべきだと思う。中国はどちらの国にも中立しているから、この問題にはどちらにも手を入れずお互いの良し悪しだけを発言すれば良いと思う。(40代男性)
・ロシアに第二第三のプウチンが現れないようにする。 中国が東アジアでウクライナ侵攻と同じことが出来ない、新しい国際ルールを作らなければならない。それがウクライナの戦争被害者の犠牲を無駄にしないで報いる道。其のためには我々も痛みを経験せざるを得まい。(70代女性)
・軍事侵攻は絶対にあってはならないアメリカはじめNATOがあまり解決に積極的でないように感じる(30代男性)
・経済至上主義がロシアの横暴を許してしまったところがあると思う。自国優先ではなく本当にこれからの世界ことを考えて、各国が対応を考えてほしい。短期的な景気後退は致し方ない(50代男性)
・国際秩序を損なう意味でも危険な行動なので、国際社会が一丸となって対応すべき。(20代男性)
・国同士がコミュニケーションを取る機会を増やして、互いに一定の距離を保つべきだと思った。(20代男性)
・世界が協力して、早く終戦させるべきだと思う(50代男性)
・世界中がロシアを一日も早く孤立させウクライナ侵攻を止めさせることを願う(70代男性)
・早くロシアの侵攻を止めるために、中国に対して仲裁を働きかけることを、アメリカに任せるのでなく全世界が動く。(60代男性)
・早く定説できるよう、ロシアを説得して、NATO拡大も止めてほしい 軍備拡大するから、こういう事になるのでは(60代男性)
・即時停戦対話による外交戦争によって得をする事が何一つない事を世界が知るべきだ(50代男性)
・非人間的なプーチン大統領の所業は許せない。かと言って米国初め他国の戦闘介入は世界大戦の恐れ大。習近平首席も台湾に対しての今後の行動を見据えて静観していると思う。中国国民にプーチン非難を強く訴える策はないのだろうか。中国が制裁に加わる以外にプーチンの狂気の所業を止めさせる策はないと思う。(70代男性)
・米欧は、ロシア侵攻の背景に深い分析と米欧の認識の甘さを反省すべき。日本政府、政治家、マスコミの能天気に、日本国の先々を憂います。(70代男性)
・早く世界のトップクラスで話し合いを持ち戦争を止めさせる事が先決で仲介に入れる国等、プーチン政権に影響持った人物、各国が一斉にロシアに対して圧力をかける事が重要なのでは(60代女性)
・全世界の軍隊を派遣してウクライナからロシア軍を追い出すべき。(50代男性)
・世界の秩序が力によって乱されるのが嫌だと思う一方、ロシアのみならず中国のように、歴史や文明を持つはずなのに、人間の持つ絶対的な正義や良心といった普遍の価値観が共有されない国があることに、民主主義の限界を少しずつ感じ始め、不安やもどかしさ、無力感を感じずにはいられない。ウクライナの危機は、戦争という絶対的な悪というだけでなく、民主主義の危機でもあると感じる。力ではない方法で、世界中が力を合わせて対抗する必要があると考える。(20代女性)
<制裁強化を>
・クリミア半島併合時にあやふやな対応をしたツケが回ってきたのかなと思う。近い内に中国も同じような事をする可能性があると思うので、今回の侵攻に対して、軍事面は最低限(ロシア軍がこれ以上ウクライナ内で自由に行動できない)に納め、経済・外交的な制裁で対抗するべき、ロシアに与する国に対しても同様の制裁を行うことを、国連抜きで進めて行くべき。(50代男性)
・ロシアに対して様々な制裁を科して、軍事侵攻をした国は例え国連常任理事国であったとしても許さないという行動が今後の抑止力に繋がると思う。(40代男性)
・1日も早く停戦して欲しいと思います。ロシアには、徹底した制裁を継続すべきです。(40代男性)
・もっと制裁をするべき(50代男性)
・ロシアとの輸出入を止めるなどもっと強い経済制裁でロシアを国際的に孤立させる必要がある。私は今後ロシア製品は一切買いません。(60代男性)
・ロシアにはもっと強力な経済制裁をすべき。(40代男性)
・ロシアに対してもっと強く制裁を加えるべきである(60代男性)
・ロシアもしくはロシアに協力する国には経済制裁を加えるべき。(30代男性)
・侵攻に対して国内産業やエネルギー輸入を理由に厳しい制裁を課せていないと感じている。 この対応を見た中国が台湾侵攻に問題なしと判断される危険があるのでもっと厳しく対応すべきである。(50代男性)
・断固とした態度でロシアを制裁するべき。(70代女性)
・ロシアに対して、中途半端な経済制裁では世界中から嘗められてしまうのではないかなと思います。G7で各国がこんな感じの経済制裁するから、日本もそれに同調し同じ様な制裁します。じゃなく、日本も痛みを伴うが、この様な厳しい制裁を行います。と、世界にアピールをし、今後起こるであろう、台湾に対してこの様な侵攻をすれば、世界各国から、こんなに厳しい制裁されるのだと、知らしめなければならないと思います。国内の経済はとても不安定な状態だと思います。しかし、コロナで仕事もガタガタだけど、それでも、今は自由を民主主義を求めるウクライナを民主主義国家が見捨ててはいけないし、こんな蛮行を行う共産圏を、いつまでものさばらせてはいけない。(40代男性)
・国益に関わらず、ロシアに経済制裁を課すべきだ。(40代男性)
・侵略を目的とした戦争は一切許されるべきでは無い。国際社会と協調して、日本政府も強い対抗措置を取るべき。北方領土近辺のロシア侵攻も懸念。(50代男性)
・あってはならない事だし、許してはいけないこと。世界が一致団結して、ロシアに制裁を加えるべき。それでも独裁者の暴挙が止まらないなら、暗殺という選択もあると思う。(50代女性)
・ロシアに対して制裁が必要(60代女性)
・ロシアは間違っている。強力な制裁(60代男性)
・ロシアのウクライナ侵攻に関する主張は理解が出来なかった。論理的ではないと感じた。日本もロシアとは隣国であり少し危機感を持った。アメリカや周辺国と安全保障に関する取決めをより深めていく必要があると感じる。また、今回のロシアの様な侵攻を防ぐため、しっかりと経済制裁を行い、侵攻にメリットが無いことを示していく必要がある。現時点では、十分な経済制裁が出来ていると感じている。(30代、答えない)
・軍事支援ではなく経済制裁、ロシア国民には生活支援(40代男性)
・ロシアに依存しない社会を作ってロシアを孤立させ経済制裁を与えて行きたい。そして、たとえ一旦ウクライナを占領されても後からでも返してもらえる様にしたい。勝ち目が無いのなら一旦でも避難すべきでは 軍事的もだけど人道的支援をしっかりしてあげるべき。今のうちにNATOなりで力を合わせてロシアを叩いておかないで本当に大丈夫なのだろうか不安。ロシアがさらにウクライナ以外にも戦いを仕掛けて来ないのだろうかとても不安だ プーチンは気が狂ってるとしか思えない。ニュースを見ているとどうしても最悪の状況が頭をよぎる。(40代男性)

6<報道に注文><ロシアだけが悪いのか><慎重な対応を><ウクライナに対して>

<報道に注文>
・ウクライナ国民の意志が尊重されるべきところに、日本のコメンテーターが妥協しろとか、逃げろとか、とやかく言う必要ないのに、それを見るとウンザリする。また国連が機能していないので、見直しが必要だと思う。(40代男性)
・この設問はよくない。ロシアの侵攻理由がよくわからない。情報が西側に偏っていて、とくにロシアのいうジェノサイドの中身が紹介されないので答えようもない。情報戦の一方に肩入れするのはいかがか。メディアの責任は重いと思う。(70代男性)
・どちらにも正義はあると思う。こうならないようにアメリカ、NATOも含め対話すべきだった。それよりも西側に偏った報道の方が気になる。(40代男性)
・メディアが西側の情報しか流していないことが問題。(60代男性)
・メディアの偏向報道がひどすぎると思うのでもっと平等的な報道を求めたいです。(50代女性)
・ロシアの軍事侵攻は、世界平和の観点からも認めてはいけないこと。メディアはロシアとウクライナどちらかに偏った報道をするべきではなく、正しい情報だけを明確に伝えるべき。制裁以外の対応策を国連で話し合いすることなどは出来なのだろうか?(50代男性)
・ロシア側からの視点が詳しく報道されていない。双方の視点で報道して欲しい。特に裏の事情等。プーチンを悪者に仕立て上げても解決には至らないと思う。制裁のみでは特に。太陽と北風。(50代男性)
・ロシア側の主張をもっと中立的に報道すべきだ。今はウクライナの立場にたった報道ばかりで、かえって違和感を覚える。しかし、そのうえでロシアの今回の行いは正当化されるべきではなく、即時撤退停戦すべきと思っている。ただ、アメリカなどいわゆる西側諸国は過去同じようなことをしてないのだろうか、きちんとマスコミは中立的に報道し、それらと比較して、だめなものはダメという話をききたい。(40代男性)
・元ウクライナ大使の馬渕さんの話を聞くとはたしてプーチンだけが悪いのか解らなくなつている確かにネオナチがウクライナに存在しロシア人に対して非人道的な行いをしていた事実もあるようだし(50代男性)
・公正でフラットな情報を報道してほしい。(40代男性)
・昨年末のウクライナによるドローン攻撃やドンバスの件なんかも公平に報道するべきだと思います。(40代男性)
・助けられる人は助けるべきだが相手の感情をさかなぜする行動は避けるべき。何事も両者の話を聞いた上でしっかりと精査すべき。フェイクニュースを世論に出さないで欲しい。(20代女性)
・中国の動きをどう読むか。誰の解説が当たっているのか。日本人こそメディアに踊らされることなく正しく知りたい。(50代女性)
・日本の報道機関が、ロシアのプロパガンダを報道しすぎだ。ロシアのフェイクニュースの片棒を担ぐことになる。(50代男性)
・日本もウクライナと同じくらい危ないその事を、なぜマスコミは報道しない。早く憲法改正してまともな国にしないとだめだ。(60代男性)
・テレビ番組でロシアがなぜウクライナに侵攻するのかという情報をもっとわかりやすく教えてほしいと思います。また、人が人を殺すということが侵攻という名を使って行われているのが理解できません。侵攻ではなく戦争です。ロシアはいまの自分たちの国だけで満足するべき。人は欲をかきすぎると良くないということが今回のロシアの攻撃でよくわかります。理不尽な虐殺を行なっている中国も理解できません。(20代女性)
・当事国のこれまでの空気感や現場感や歴史認識が自国ほど持ち得てないのだけれど(ネットでリサーチはしましたが成否は出せない)、それぞれの国民であった場合自分がどのように対応するのかを強くイメージします。またロシア側は無差別に町を破壊している情報が日を追うごとに増している状況は見るに耐えません。この状況について離れた日本にいる私に何ができるのか考えております。情報を正しく取得する事と一個人としてできることは、戦争を継続させない支援を選択していくことだと考えています。またマスメディアには、中立的な情報の提供を求めます。(40代男性)
<ロシアだけが悪いのか>
・元を辿ればブッシュがNATOにウクライナの加盟を認めると言ったのがことの発端。緩衝地帯としてそのままにしておけばよかった。世界情勢の原因のほとんどが元を辿れば米英にある。(20代男性)
・侵略は許せないがNATOの東方拡大もすべきではない。核兵器・原発の廃棄が喫緊の課題であることを再認識した。(60代男性)
・ロシアの戦争でウクライナを屈服させようとする姿勢もどうかと思うがウクライナがNATOに入ると言い出さなければ起こらなかった戦争と考えるとどっちもどっちな感じがします(20代男性)
・ロシアは問題あるものの、ウクライナ政府〈ゼレンスキー政権〉の政権運営の判断ミスも大きい。〈メディア報道は少ないが…〉(60代男性)
・双方のトップが以前から話し合えた問題であり、武力闘争に至った事は残念。トップの政治能力の無さとも言える。(60代男性)
・西側諸国はウクライナに対して誠実では無い。NATOに誘っておいて、いざ相手が怒ったらウクライナを見捨てたから。担いでいた神輿をそのままにして逃げたイメージ。(50代男性)
・独裁者による一方的な侵略は許してはならないが、そもそも西側陣営の強欲な市場経済等による不均衡が現在の世界の分裂を招いていると思う。あとドイツの責任は大きい。メルケルの政策によるツケを支払わされている。(40代男性)
・ロシアの横暴を止める術を持たないのが残念です(60代男性)
・今回の戦争でロシアの歴史に興味を持ちました。そこで初めて「帝国主義」とは一体何だったのかを知りました。今まで平和に生活してきた何の罪もない人々が一部の権力者の野望で「無」になってしまう現実に世界中の人がわかってているのに何も手が打てないのがもどかしいです。こうなる前に兆候はあったのに、何故誰も手が打てなかったのかも不思議です。(60代女性)
・侵攻を止められない、国際社会に憤りを感じる。これでは核保有国が圧倒的に有利ではないか。(50代女性)
・なぜ話し合いで解決できないのか。(40代男性)
・恐ろしいが、こうなる前になんとかできたのでは?(50代男性)
<慎重な対応を>
・どちらにも加担すべきではない。(50代男性)
・もちろん反対ですが、武力で解決するのではなく、平和的な解決を望みます(60代女性)
・ロシアとウクライナ2国間だけの戦争にするべき。他国は手を出すべきでない。イラクを空爆したアメリカはロシアより一般人を殺してる。比較するべき。(70代男性)
・決して許してはいけない不法行為だと思います。絶対にこんなことがまかり通る世の中にしてはいけない。断固とした姿勢と措置で止めるべきです。しかし武力衝突による解決は望みません。いかに軍事力を持とうとも国際社会では意味を持たないものになって欲しいです。(50代女性)
・現時点では静観すべき(50代男性)
・早く終わってほしい。日本は戦争に加担しない。(40代男性)
・当事国ではないため、あまり干渉しない方が良いと思う。(20代男性)
・日本はNATO加盟国やEU諸国、イギリス連邦諸国とは一線を画した対応をするべきだ。ゆえに積極的な経済制裁をすべきではない。また、日系企業の営業も再開すべきだ(20代男性) ・ロシアを批難するべきだが制裁はするべきではない。ウクライナには人道支援するべきだが軍事支援には反対。(40代男性)
・一方的な侵攻で、あり得ない行為だと思う。しかし、ロシアに対しての、武力による反撃も、積極的に支持するわけにはいかない。綺麗事かもしれないが、外交交渉によって解決を目指すべきだと思う。まずは、停戦を。(50代男性)
<ウクライナに対して>
・ウクライナがeuやNATOに加盟をさっさとすれば良かったのに、しなかったからロシアに侵攻される羽目になってしまい、ボコボコにヤられる始末になっている、西側もいい加減助けてやれば良いのに見殺しにしている質の悪い態度にイライラさせられる、人間何人死ねばいいのやら。(30代男性)
・ウクライナ軍は防衛だけではなく反撃も視野に入れて停戦交渉を有意に進めるべきだと思う。(40代男性)
・プーチンの暴走に対して、ロシア国民全体を制裁するのはどうかと思う。犠牲者を少なくするのなら、ウクライナがまずは受け入れ、後の国際社会の審判で復活するのはどうだろう?(50代男性)
・ウクライナは降伏するべきだ。大国ロシアに勝てる訳がない。eu諸国の助けを期待するべきでは無い。(40代男性)
・ウクライナは胡散臭い国なのでロシアを支持します。(30代女性)

7<理解できない><その他>

<理解できない>
・何と戦ってるのかよくわからない(40代女性)
・戦争の正当性が見えない。(40代男性)
・戦争をすべきでない。理由がわからない。(50代男性)
・なぜ侵攻に至ったのか、背景がわからない。北方領土でも同様なことが起きうるか心配。(50代男性)
・いまだに理由がいまいちよくわからない。(30代男性)
・これだけ世界は近くなって自由に行き来ができる世の中になっているのに、今さら侵略戦争なんて時代遅れ。そう思えないプーチンが不思議で仕方がない。(50代女性)
・どんな理由があるにせよ、武力行使は絶対にやってはいけないと思う。今の時代にそこまでして、国力を拡大する意味があるのか全く理解が出来ないし、西側東側と区別することすら意味がない気がする。(40代男性)
・仮にロシアがウクライナを併合したとするとこの先、プーチンの目指すゴールは何処なんだろうと疑問に思う。(40代男性)
<その他>
・争いの「おとしどころ」が無い気がします。(50代男性)
・歴史を学ぶべき(40代女性)
・人類の歴史にこの現代ですら、人間は学ばない。SDGZだ、平等だ、平和だ、武漢肺炎だ、どうしてこうも我々は愚かなんだろう。(60代男性)
・独裁国家は指導者によって今回のようなことが起こりうるので、どんな時もそのつもりで対応すべきである。(70代男性)
・独裁政権の危うさ。(60代男性)
・ロシア、中国、北朝鮮などの独裁国家の 指導者は、独裁体制が維持できさえすればどのような嘘をついても構わない、と考えている。そのため、このような事態が起こりうる。(50代男性)
・ロシアの侵攻が成功すれば悪い成功例となり、中国をはじめロシアを参考にする国が増えてくると思う。絶対にロシアを阻止しなければ、第三次世界対戦に発展しかねない。(40代男性)
・生きている期間にこの様な事が起きたのでより戦争についてすごく勉強になった。日本国内では戦争は無いと思うがとても興味がある。(30代男性)
・両国にとってのメリットを全く感じない。一般市民を巻き込むべきではない。(30代男性)
・緊急時は強い言葉についつい冷静さを惑わされてしまいがちだが、こういう時こそ落ち着いて行動すべきだと感じた(20代男性)
・他国を侵略すべきではないか、一法的思考でなく、双方の利害を調整しで早く平和わ取り戻したい。(70代男性)
・ウクライナとロシア国民にとって最良の結果になるものを選択すべき。国ではなく国民に目を向ける必要がある。(20代男性)
・国家間における経済やエネルギーの依存関係が、戦争に強力に作用する時代であると感じた。ロシア国内の内情についても、もう少し詳しく知りたい。(20代女性)
・NATOと同調することが良いかと思います(50代男性)
・ウクライナへの人道支援もっと積極的に行ってほしいと思う。(30代男性)
・戦争を始める前にもっと議論するべき(70代男性)
・戦争をやめさせるべき。(50代女性)
・世界大戦のきっかけとしては十分(20代女性)
・第三次世界大戦の序章。食い止めるべき。(40代男性)
・世界中から非難されることを覚悟で侵攻を決めたプーチンの覚悟をもっと重く受け止め、対応せねばならない。(30代男性)
・過去の日本やヨウロッパと同じ事を繰り返している様だとと思います。(80歳以上男性)
・数年はこの状態が続きそう。(20代男性)
・世界情勢が大きく変化すると考える。(50代男性)
・世界秩序が危うい(40代男性)
・なし(60代男性)
・わからない(60代女性)
・特にない(50代男性)
・無解答(50代男性)
・余りよく分からない。(70代男性)


調査結果こちら

 

調査結果一覧はこちら

2022年03月18日 09:00

社会調査研究センター


〒338-0825 埼玉県さいたま市桜区下大久保255 国立大学法人 埼玉大学内
電話番号 048-714-2063

埼玉大学社会調査研究センター
毎日新聞